トップ > 転職マガジン > 転職の豆知識 > 嫌な仕事を続けるべきか、辞めるべきか。専門家が語る「心の潮時」とは
キーワードからマガジンを探す
提携サイト一覧
Office info 106 Office info 96 Office info 136 Office info 176 Office info 225
Ranking agent btn
公開日:2018.9.10 

嫌な仕事を続けるべきか、辞めるべきか。専門家が語る「心の潮時」とは

Pixta 19864111 s

こんにちは。心理カウンセラーの田倉怜美です。

会社に行くたびにつらい気持ちになり、仕事そのものも嫌で、「もう辞めたい」ばかり考えてしまっている人は多いと思います。

しかし現実的に生活費や次の雇用先の確保などを考えると、嫌な仕事であっても続けた方がいいのか…悩んでしまいますよね。

そこで今回は、ストレス面で心や体が限界を迎えているときのサイン…「心の潮時」についてお伝えします。
 

こころが限界を超えようとしているときのサイン


辞めた方がいいのか、続けた方がいいのかを判断する際は、まずどれほどストレスが溜まっているのかを一つの目安にしてみてください。こころは目に見えませんが、限界を超えようとするときには、感情面で複数のサインが出ます。
 

・常に憂鬱な気持ちが続いている
・通勤電車に乗るたびに涙が止まらない

会社にいるときだけ沈んだ気持ちになる
自分なんて価値はないと感じてしまう


こうした状態が2週間以上続いている場合には、こころの限界が刻一刻と近づいているので要注意です。

特にセクハラやパワハラ、陰湿ないじめなどが続いているようならば、感情が次第に鈍っていき、自分の気持ちがわからなくなることもあります。

仕事を続けるという行為が自分の身を危険に追い込むかもしれないということを自覚し、退職を本気で検討すべきです。


限界のサインは、こころだけでなく、行動面にも出ます。
 

・休みの日であっても家から出たくないと感じて出歩く頻度が極端に減った
・好きなはずの趣味をしても楽しいと感じなくなった
・お友達や気心の知れた仲間との食事・飲み会まで煩わしいと感じるようになった
・誰とも会いたくないと感じ、あえて人と会わないようにしている


こうした方は、強くストレスを感じている状態です。

引きこもりや対人関係の縮小、笑う回数の減少や行動範囲の狭まりなどは、ストレスのキャパシティを超えようとしているときに起こる症状でもあります。

これらに思い当たる節がある方は、すでに限界がきている可能性があるので、特に注意が必要です。家から完全に出られなくなる前に、退職を検討しましょう。

うつ病とまではいかなかったとしても、うつ状態になっている可能性があります。
 

考え方を変えて苦境を乗り切る方法

もしも「まだ自分は今の会社で頑張れる」「もう少しだけ頑張ってみよう」と思うのなら、考え方をポジティブに変えることで苦境を乗り越えやすくなります。

人を変えることはできませんが、自分の心や性格を変えることはできます。自分自身を変えることで、間接的に周囲の人を変えて、目の前の現実が変わることはよくあることです。

嫌がらせや度重なるサービス残業で嫌気がさしているかもしれませんが、得られるメリットや今の環境で恵まれていることなどにフォーカスを当てなおしてみてください。

嫌がらせされているけれど、陰で励ましてくれる同僚がいる
残業だらけだけど、土日はしっかり休めている
残業もあるけれど、自分を必要としてくれる人がいるのは恵まれている

視点を変えることで「ありがたい」気持ちがこみあげてきませんか。

人は「ありがとう」「ありがたい」と感謝の気持ちを感じたときに、脳内物質のエンドルフィンが分泌され、多幸感やリラックス感が得られます。これは「幸福ホルモン」とも呼ばれています。

あくまでも「頑張りたい」と考えていてポジティブ思考を意識しながら過ごせる方向けの、自分を自分で楽にできるおまじないのようなものですが、きっと苦しい状況を乗り越えられるようになりますよ。

念のため断っておきますが、「思い込みの力で無理をしろ」と言っているわけではありませんよ。

一人だけで戦おうとせず、職場で信頼できる同僚や上司、場合によっては医師や心理カウンセラーなどのサポートを受けながら一緒に戦うようにしてくださいね。
 

まとめ

いかがでしょうか。今の仕事を続けるべきか、辞めようかと迷う場合には、まずは冷静になり、今のあなたのストレス度合いを知りましょう。

もしかしたら、これ以上頑張るのは危険である可能性がありますので、退職・転職を検討したほうが良いかもしれません。

もしまだ頑張れそうだと思うのなら、考え方をポジティブに変えて、乗り越えていきましょう。
 

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─

 

田倉 怜美(たくら さとみ)
心理学歴13年、臨床経験500名以上の心理カウンセラー・不眠症改善アドバイザー。いじめ、セクハラ、パワハラの三重苦を経験した苦い過去から、悩みが深刻化する前のケアが重要と気づき、こころの予防医学の普及に邁進している。心理セミナー講師経験 延べ120回を超え、現在は企業・団体でのセミナー講師や社内報等の執筆等も務めている。主な資格として、日本心理学会「認定心理士」、日本健康心理学会 「認定健康心理士」他。主なメディア出演経歴として、かわさきFMラジオ、TBSテレビ、朝日新聞などがある。 
書籍 「こころの予防医学~偽りの仮面を投げ捨てて自分らしく生きる方法~」
ブログ・公式サイトURL https://ameblo.jp/counselor-satomi/

 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off
「転職先での労働トラブル。いざという時に備えた弁護士費用保険」
転職前は良い会社だと思って入社したのに、実はコンプライアンスに難があり、労働トラブルに発展したケースがあります。厚生労働省の調べによれば、パワハラやセクハラ、契約違反による労働相談は年間で約110万件以上もあるのが現実。

(出所:厚生労働省 平成29年度個別労働紛争解決制度の施工状況)

  • 転職先でパワハラ / セクハラを受けてしまった
  • 残業代が支払われない
  • 正当な理由なく解雇を言い渡された など

もし自分がこのような被害に遭ってしまった場合、【パワハラやセクハラなら慰謝料の請求】【残業代が未払いなら未払い額の回収】、【不当解雇なら解雇無効か損害賠償金の請求】が可能できますが、弁護士に依頼すると着手金や報酬金で約50~80万円もの費用がかかります。

弁護士費用がネックとなり、依頼出来ず泣き寝入りしてしまう。そんな方々を守るために生まれたのが弁護士費用保険メルシーです。

弁護士費用保険メルシー 弁護士費用保険メルシーに加入すると月額2,500円の保険料で、この先ご自身が労働トラブルに遭遇してしまった際の弁護士費用補償が受けられます。なお労働問題に限らず、自転車事故や相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認下さい。)

ご自身の問題はもちろん、大切な家族もトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・070

編集部

本記事はキャリズムを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※キャリズムに掲載される記事は転職エージェントが執筆したものではありません。
株式会社アシロでは、執筆いただけるライターを募集しております。応募はこちらから

転職の豆知識に関する新着マガジン

転職の豆知識に関する人気のマガジン


転職の豆知識マガジン一覧へ戻る