あなたにぴったりな転職エージェントが見つかる
エージェント検索 人気ランキング 転職コラム
ホーム > 転職マガジン > 転職の豆知識 > 新卒で入社した会社は3年いたほうがいいって言われるのはなんで?
キーワードからマガジンを探す
提携サイト一覧
Office info 96 Office info 76 Office info 136 Office info 106 Office info 165
Ranking agent btn

新卒で入社した会社は3年いたほうがいいって言われるのはなんで?

キャリズム編集部
監修記事
Pixta 29367764 s

一般的に、「最初に入社した会社には3年は勤めるべき」といった声や、「35歳を越えると転職しづらくなる」という論調がありますが、どちらも誰にでも当てはまるわけではありません。

転職の目的は何か、職種を変えるのか、経験・キャリアを活かすのかによって、ベストな転職タイミングは異なります。

しかし「2~3年経ってはじめてその会社のよいところが見えてくる」ということもありますし、3年以内の転職者に対しては「また辞めるのではないか」、「忍耐力がない」などの厳しい意見があることも事実です。
 

 

【2020年11月】コロナ渦で転職を成功させるには?

新型コロナウィルスの感染拡大による業績悪化などを理由に、多くの企業は採用活動の見送り続けているのが現状です。下図は厚生労働省が10月2日に発表した有効求人倍率の推移になります。

 

2020年9月時点の有効求人倍率は1.03倍。実に8ヶ月連続の低迷を続け、ここ数年で最も転職が難しい時代と言えます。

【2020年10月発表】新型コロナ感染拡大に伴う求人倍率の変化

求人数は減っているのに、求職者数は伸びているこの現状の中、よい求人に出会っても内定が出ない状況は大いに予想できます。このコロナ渦で、失敗しない転職に繋げる最も大きなポイントは・・・

続きを開く

 

  • いかに書類選考を通過率を上げる
  • 面接の準備を徹底すること
  • 転職のプロから最新の動向を聞くこと です

 

希望する企業への転職を成功させたいかたは、選考通過率を高めるためにも、プロの力を借りることをおすすめします。

 

  1. 20代〜30代まで幅広く対応できるエージェント(『type』『ビズリーチ』『マイナビエージェント』など)に3社ほど登録する
  2. 各担当から連絡が来たら、電話やオンラインで簡単な面談をうける
  3. 提案された求人などを見ながらアドバイザーと面接対策や書類の添削をしてもらう

 

転職の意思も固まっていないけど、相談してみることが大事です。リーマンショック以来の不況と言われる未曾有の状況ですが、「仕事の悩み」「転職すべきか迷っている」などの相談に関してはプロのアドバイザーですから、気軽な気持ちで行動してみましょう!

 

もし、どの転職エージェントを選んで良いかわからないという場合は、下記の診断ツールで、あなたにぴったりのエージェントが診断できます。

 

 

 

第二新卒は有利?

入社3年以内での転職者は、企業側に『第二新卒』として扱われます。

第二新卒は新卒とほぼ同じこと。

熱意・意欲が求められることが多く、特に経験やスキルは求められていません。

それに対し、入社3年以降で転職をする場合、中途採用者に求められるものは『実務経験』となります。

入社して時間が経つほど、そこで得られた経験やスキルがあることを期待されるようになります。

「今のままではあまりスキルが身につかない」「このまま働き続けても、キャリアアップが見込めない」という場合は、入社3年以内で転職するほうが有利かもしれません。
 

新卒者は3年以内に3人に1人が仕事を辞めている

厚生労働省の『新規学卒者の離職状況に関する資料』によると、大卒3年以内で会社を辞める人が全体の32.2%。

ここ5年右肩上がりの数値です。

新卒採用に難航している企業は、『第二新卒』での採用にも重点を置くようになっています。

不利な点3つ

入社3年以内での転職は、実務経験重視ではないという点で、中途採用よりはハードルが低いといわれています。

しかし決して転職を軽視していいわけではありません。

転職後に、不利とされる点も確認していきましょう。

基本的なビジネスマナーが身に付いていないことが多い

1年目で転職を考えているあなた、ビジネスマナーは身についていますか?

「社会人としての基本は身についているはず」という期待に応えらないようでは、転職先でも先行き不安です。

転職者に、新卒者のような丁寧な研修がある企業は少ないので、自発的に学ぶ、成果を出していくことが求められます。

経験があってもすぐには責任のある仕事ができない

社会人経験が3年ほどの転職者は、経験やスキルなどを評価されて採用されるわけではありません。

前職で責任ある仕事を任されていたとしても、振り出しに戻ったような仕事ばかりのこともあります。

積み上げたものを崩す決心、プライドは大丈夫ですか?

給料が低くなる可能性がある

前職と同じ業種、職種でない限り、転職先では未経験の新人扱いとなります。

3年以内で転職した際の給料と、新卒で入社した会社を継続で4年目を迎えるころの給料と比べると、少々下がることがあります。
 

キャリアアップのための転職なら5~6年目がベスト

『第二新卒採用』が有利ということを先に挙げましたが、それは未経験の業界や職種に挑戦するなら、というところがあります。

同業種での転職の場合は、経験が長くなることでより評価が高くなる傾向があるので、3年で仕事の基礎を築き、応用的な難度、責任の高い仕事にも足を踏み入れる5~6年目がいいでしょう。

30歳前後、まだまだ若さ・柔軟さがあります。
 

転職するなら冷静に、計画的に。

職場への不満やマイナス面から脱却すべく、転職を考える人が多いように思います。

しかし転職のタイミングとしては『退職』ではなく『卒業』と思えたときがベストです。


転職活動では、面接での自信・意欲が採用に大きく影響を与えます。

マイナス状態のときに面接を受けるより、勢いに乗っているときのほうがうまくアピールできるものです。

職務経歴書にも、より多くの実績を書けるよう、目的を持ちながら自分のタイミングで転職に踏み出しみましょう。

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off
この記事の監修者
キャリズム編集部
転職・人材業界に深く関わるディレクターが『今の職場に不満があり、転職を考え始めた方』や『転職活動の進め方がわからない方』へ、最高の転職を実現できる情報提供を目指している。
「転職先での労働トラブル。いざという時に備えた弁護士費用保険」
転職前は良い会社だと思って入社したのに、実はコンプライアンスに難があり、労働トラブルに発展したケースがあります。厚生労働省の調べによれば、パワハラやセクハラ、契約違反による労働相談は年間で約110万件以上もあるのが現実。

(出所:厚生労働省 平成29年度個別労働紛争解決制度の施工状況)

  • 転職先でパワハラ / セクハラを受けてしまった
  • 残業代が支払われない
  • 正当な理由なく解雇を言い渡された など

もし自分がこのような被害に遭ってしまった場合、【パワハラやセクハラなら慰謝料の請求】【残業代が未払いなら未払い額の回収】、【不当解雇なら解雇無効か損害賠償金の請求】が可能できますが、弁護士に依頼すると着手金や報酬金で約50~80万円もの費用がかかります。

弁護士費用がネックとなり、依頼出来ず泣き寝入りしてしまう。そんな方々を守るために生まれたのが弁護士費用保険メルシーです。

弁護士費用保険メルシー 弁護士費用保険メルシーに加入すると月額2,500円の保険料で、この先ご自身が労働トラブルに遭遇してしまった際の弁護士費用補償が受けられます。なお労働問題に限らず、自転車事故や相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認下さい。)

ご自身の問題はもちろん、大切な家族もトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・070

編集部

本記事はキャリズムを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※キャリズムに掲載される記事は転職エージェントが執筆したものではありません。
株式会社アシロでは、執筆いただけるライターを募集しております。応募はこちらから

転職の豆知識に関する新着マガジン

転職の豆知識に関する人気のマガジン


転職の豆知識マガジン一覧へ戻る