あなたにぴったりな転職エージェントが見つかる
エージェント検索 人気ランキング 転職コラム
ホーム > 転職マガジン > 転職の豆知識 > 日当2万5千円!楽なようで超絶キツい「ベッドに横たわるだけの仕事」とは
キーワードからマガジンを探す
提携サイト一覧
Office info 96 Office info 106 Office info 136 Office info 76 Office info 736
Ranking agent btn
2018.10.9

日当2万5千円!楽なようで超絶キツい「ベッドに横たわるだけの仕事」とは

Pixta 35570642 s

みなさんは、『ベッドに横たわるだけの仕事』があることをご存知でしょうか。

日本人は働きすぎだと言われるほど忙しい日々を過ごしていることが多いので、寝ているだけで収入を得られるなんて魅力的すぎますよね。

「朝が弱くて起きられない…」という人にとっても、夢のような話です。

それでは、横たわるだけの仕事とは一体どのようなものなのか、その実態に迫ります。
 

ベッドに横たわるだけの仕事とは?


ベッドに横たわるだけの仕事とは、NASAのCFT70という実験に参加するというものです。

CFT70とは「微小重力(無重力)状態の宇宙環境が、どれほど人体に影響を与えるか」がテーマの研究のこと。

宇宙科学の分野は、まだまだわからないことばかりです。より深く宇宙について研究していくためには、宇宙飛行士の健康状態を把握することが必要不可欠と言えるでしょう。
 

仕事内容は?

CFT70では、足元が6度高く傾いたベッドに横たわり、70日間寝たきり生活を送ります。つまり、頭が少しだけ下がった状態で寝なくてはなりません。

こうすることにより、上半身に体内の水分が移動するので微小重力(無重力)状態での循環器系の働きに近づけることができます。そして、実験前と後での筋肉量や骨密度などの身体の変化を測定するのです。

足のむくみや疲れをとるために、足を腰よりも高い位置まで上げて寝たことがある人は多いのではないでしょうか。しかし、この実験では上半身が下がっている状態なので、頭に血が上るような感覚かもしれません。

寝たきり生活中は、ベッドの上でできることであればネットや読書、ゲームなど何をして過ごしてもOKです。

ただし、食事をするのもトイレやシャワーもベッドの上で、アルコールの摂取は禁止されます。

また、これはあくまでも研究なので、横たわったまま宇宙空間の作業を想定した軽い訓練(エクササイズやスクワットなど)をすることが求められます。
 

収入はどれくらい?


さて、気になる収入ですが、こちらの研究に携わると1週間に12万円の報酬。合計すると、約180万円の報酬を得ることができます。

(寝ている期間は70日間なのですが、横たわる前とその後の身体の変化を測定する必要があるので、ト―タルの期間は15週間で105日間となります。)

仮に180万円だとして、1日約25,000円の日当になるわけですが、あなたはこの報酬を高いと感じるでしょうか? それとも、身体の負担や自由を制限される生活を考えると、これでは割に合わないと感じるでしょうか?
 

応募資格は?

NASAによる研究に応募する為には、まず米国籍か永住権が必要です。そして、心身ともに健康体であることが必須条件となります。

宇宙飛行士と同様の運動能力や心肺機能、筋力や持久力が備わっていなければ応募することはできません。精神面に関しても、心理学者との対面によって事前にチェックされます。

もうこの時点で、楽な生活ではないだろうなと容易に想像できますよね。たしかに長期間寝ているだけの仕事ではあるのですが、夢のような生活とは少し異なり、参加する為にはそれなりの覚悟が必要なようです。
 

CFT70は意外と大変な仕事!?

CFT70に携わる生活とは一体どのようなものなのでしょうか。

被験者の話によると、まず6度という角度は横たわるには居心地が悪いようです。体よりも頭が少し下がった状態は、違和感があるものですよね。それを長期間続けるとなると、やはりあまり気持ちがいいものではないかもしれません。

そして、仕事開始から数日間は首や背中の痛みに苦しめられることになります。頭痛にも襲われ、傾いたベッドに慣れるまではとても辛い時間を過ごすのです。

その後、1週間ほどで身体は生活に慣れてきますが、寝ているだけの生活は嫌でも筋肉の衰えを感じることになるでしょう。

時間の経過とともに完全に状況に適応し、それほど辛い思いをせずに済んだという人も中にはいるようですが、体に相当な負荷がかかるのは間違いありません。

「日常生活では得ることができない貴重な体験をしたい!」「宇宙科学の分野の発展に大きく関わりたい!」という強い意思がある方以外にはおすすめできない仕事です。

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off
「転職先での労働トラブル。いざという時に備えた弁護士費用保険」
転職前は良い会社だと思って入社したのに、実はコンプライアンスに難があり、労働トラブルに発展したケースがあります。厚生労働省の調べによれば、パワハラやセクハラ、契約違反による労働相談は年間で約110万件以上もあるのが現実。

(出所:厚生労働省 平成29年度個別労働紛争解決制度の施工状況)

  • 転職先でパワハラ / セクハラを受けてしまった
  • 残業代が支払われない
  • 正当な理由なく解雇を言い渡された など

もし自分がこのような被害に遭ってしまった場合、【パワハラやセクハラなら慰謝料の請求】【残業代が未払いなら未払い額の回収】、【不当解雇なら解雇無効か損害賠償金の請求】が可能できますが、弁護士に依頼すると着手金や報酬金で約50~80万円もの費用がかかります。

弁護士費用がネックとなり、依頼出来ず泣き寝入りしてしまう。そんな方々を守るために生まれたのが弁護士費用保険メルシーです。

弁護士費用保険メルシー 弁護士費用保険メルシーに加入すると月額2,500円の保険料で、この先ご自身が労働トラブルに遭遇してしまった際の弁護士費用補償が受けられます。なお労働問題に限らず、自転車事故や相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認下さい。)

ご自身の問題はもちろん、大切な家族もトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・070

編集部

本記事はキャリズムを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※キャリズムに掲載される記事は転職エージェントが執筆したものではありません。
株式会社アシロでは、執筆いただけるライターを募集しております。応募はこちらから

転職の豆知識に関する新着マガジン

転職の豆知識に関する人気のマガジン


転職の豆知識マガジン一覧へ戻る