あなたにぴったりな転職エージェントが見つかる
エージェント検索 人気ランキング 転職コラム
ホーム > 転職コラム > 30代の転職 > 36歳からの転職は難しい?企業が36歳の求職者に求める内容と転職成功のコツ
キーワードからコラムを探す
提携サイト一覧
Office info 96 Office info 76 Office info 176 Office info 136 Office info 106
Ranking agent btn
2020.8.13

36歳からの転職は難しい?企業が36歳の求職者に求める内容と転職成功のコツ

キャリズム編集部
監修記事
Pixta 63745609 s

36歳は30代も後半に差しかかり、転職も難しくなってくると考える方も多いでしょう。

 

たしかに30代→35歳以上と年齢が進むに連れて転職の難易度も上がります。

 

一方で36歳は結婚や出産、子育てなど人生における大きな出来事も多いです。「家族を支えるために…!」などと転職を決意する方も少なくありません。

 

今回は36歳での転職の難しさや、それに対抗して成功させるポイントをお伝えします。36歳からの転職でも決して無理ではありませんので、参考にしていただき、納得できるキャリアを築いていきましょう。

 

 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off

 

【2020年9月最新版】withコロナの転職事情|コロナ渦で転職を成功させるには?

新型コロナウィルスの感染拡大による業績悪化などを理由に、多くの企業は採用活動の見送り続けているのが現状です。下図は厚生労働省が発表している有効求人倍率の推移になります。

 

2020年7月時点の有効求人倍率は1.08倍。実に7ヶ月連続の低迷を続け、ここ数年で最も転職が難しい時代と言えます。

求人数は減っているのに、求職者数は伸びているこの現状の中、よい求人で出会っても内定が出ない状況は大いに予想できます。このコロナ渦で、失敗しない転職に繋げる最も大きなポイントは・・・

続きを開く

 

  • いかに書類選考を通過率を上げる
  • 面接の準備を徹底すること です

 

希望する企業への転職を成功させたいかたは、選考通過率を高めるためにも、プロの力を借りることをおすすめします。

 

  1. 20代〜30代まで幅広く対応できるエージェント(『type』『ビズリーチ』『マイナビエージェント』など)に3社ほど登録する
  2. 各担当から連絡が来たら、電話やオンラインで簡単な面談をうける
  3. 提案された求人などを見ながらアドバイザーと面接対策や書類の添削をしてもらう

 

転職の意思も固まっていないけど、相談してみることが大事です。リーマンショック以来の不況と言われる未曾有の状況ですが、「仕事の悩み」「転職すべきか迷っている」などの相談に関してはプロのアドバイザーですから、気軽な気持ちで行動してみましょう!

 

もし、どの転職エージェントを選んで良いかわからないという場合は、下記の診断ツールで、あなたにぴったりのエージェントが診断できます。

 

 

 

36歳の転職は難しい?リアルな転職事情と採用の現状

30代の後半に差しかかる36歳の転職では、難しいと考えている方も多いかと思います。

 

たしかに20代や30代前半に比べると難しさはありますし、転職を成功させている方の数も減ります。

 

引用:転職成功者の年齢調査(2019年上半期)|転職サイトdoda

 

しかし、上記のdodaが行ったりアンケートのように、約10年前よりも35歳以上の転職でも成功させている人の割合は大きく上がっています(10.9%から28.6%の大幅増になっています)。

 

これはただ単に少子化によって若い層の雇用者比率が下がったことも考えられますが、35歳以上の募集でも受け入れ態勢ができている企業も増えていると考えられますね。

 

【関連記事】

 

36歳からの転職でも十分成功はできる

繰り返しになりますが、たしかに難しくなる36歳からの転職でも転職活動をしっかり行えば、キャリアアップに成功して今よりも良い環境で働けることは十分にあります。

 

あまり悲観的にならず、ぜひ以下の内容も読み進めていってみてください。

 

転職が上手くいく36歳・上手くいかない36歳

こちらをご覧の方は、すでに36歳もしくはもうすぐ36歳の方がほとんどでしょう。今更どうこうできない部分もありますが、転職が成功しやすい人・難しい人に分けました。

 

特に難しいに該当する方は、より真剣に転職について考えていただき、場合によっては今の職場で頑張り続ける選択肢も取ってください。

 

転職が上手くいく36歳

  1. これまでにしっかり挑戦し経験が豊富な人
  2. 1つの業種・職種に集中し、スキルや知識が蓄えられている人

 

36歳での転職でも、これまでしっかりキャリアを築いてきた方や知識・経験が豊富な方は、即戦力として企業から求められることも多いです。

 

この場合、「今の職場が嫌だから…」というネガティブな転職ではない、キャリアアップの転職も成功しやすいと言えるでしょう。おめでとうございます。

 

転職が難しい36歳

  1. 「前職の〇〇が嫌だから…」とネガティブな理由で転職を繰り返した人
  2. 全く未経験の分野に転職しようとしている人

 

一方、事あるごとに転職を繰り返してきたような方で経験・知識などが蓄積されていない方は、35歳以上での転職の難易度も上がります

 

転職できる企業の選択肢が狭まってきますので、

 

  • 「なかなか採用されない…」
  • 「転職できたけど前の職場の方が待遇も良かった…」

 

なんて事態にも陥ります。

 

また、後でもお伝えしますが、30代後半になると企業も即戦力を求める傾向が強くなります。36歳での未経験挑戦は絶対に無理とは言いませんが、かなり難易度が高くなることは受け入れておきましょう。

 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off

 

 

36歳の転職で特にやり方を考えるポイント

36歳の転職事情はおおよそお分かりいただけたと思います。こちらでは、ここまでのご説明を踏まえて36歳の転職で気を付けておくポイントについてご説明します。

 

長い目で見たキャリアプランを考える

20代の若いうちの転職であれば、仮に理想に反した会社に転職したとしても、再転職などの軌道修正は取れます。しかし、36歳の転職で失敗や方向性を間違ってしまうと、その後取り返すことがさらに難しくなると言えます。

 

次の転職先の会社・業界・職種は、今後の人生で働き続ける間はずっと関連してくるものだと思うくらいの意気込みで探して選ぶようにしましょう。

 

転職のラストチャンスだ」くらいの意気込みで、後悔しない転職を真剣に考えていきましょう。

 

20代と同じ転職をしてはいけない

20代で一度転職をして、今回再び転職を考えている方もいることでしょう。過去に転職経験があるからと言って、20代と同じような感覚で転職を進めていくことはNGです。

 

36歳での転職は、後述するように未経験での転職が難しくなってきます。これまでのスキルや経験を活かせる会社選びを行っていく必要があり、アピールポイントも『知識・経験』『即戦力』などを押し出していくべきでしょう。

 

20代のような『やる気』『人柄』『ポテンシャル』だけのアピールでは難しくなってきます。

 

未経験への挑戦はより厳しくなる…

上記でも触れましたが、36歳になると未経験での転職はより一層難しくなると覚悟しておきましょう。

 

引用:「「ミドル人材の採用」に関するアンケート調査|エンジャパン

 

実際に企業がミドル層に求めている内容は、『専門性(知識)』や『経験』『マネージメント力』が大半となります。

 

もしこれらの内容が乏しいようであれば、一度転職を考え直すか、経験・知識などが活かせる業界・職種への転職に絞るべきでしょう。

 

【関連記事】

30代が未経験でも転職しやすい業界と転職成功のポイント

35歳以上で未経験職への転職を成功させるポイントと注意点

 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off

 

36歳の転職を成功させるためのポイント

人によってはかなり難しいものともなる36歳での転職ですが、知識や経験をしっかりアピールできるのであれば、十分にチャンスはあります。

こちらでは、36歳での転職を成功に近づけるためのポイントをお伝えします。

【関連記事】

35歳以上で転職をするときに求められるスキル5選・採用率を高める方法

30代の転職に資格は必要?転職におすすめな5つの資格

 

経験やスキルを形にしておく

36歳の転職では、即戦力が求められているとお伝えしました。自分が転職先に務めたとして、会社にどのような力になれるのかをこれまでの経験やスキルをしっかり形としてアピールできるようにしておきましょう。

 

「前職では○○の仕事を担当し○○の結果を出した」とか、「リーダーとして○○のプロジェクトを成功させた」など、実際に自分が仕事で携わった内容を伝えられるように形にしておきましょう。

 

もし経験やスキルをお持ちなのであれば、資格取得に挑戦してみて目に見える形で証明するのも良いですね。

 

自分の経験を活かせる業界・職種に絞る

繰り返しますが、36歳での転職で未経験への挑戦はかなり難易度が上がります。業界・職種のいずれかでの経験・知識がある会社に絞って選んでいくことをおすすめします。

 

例えば、同じ職種での転職であっても、業界が変わることで給与や労働時間などの条件が良くなることも多いです。その職種での経験やスキルをアピールして転職すれば十分に成功はあり得ます。

 

今の業務内容から変えるために職種を変えた転職を目指すとしても、同じ業界内で知識があるのであれば受け入れてくれる企業も出てくるでしょう。

 

いずれにしても、全くの未経験での挑戦は避けるべきで、業界・職種いずれかの経験・スキルがある会社を優先的に選びましょう。

 

 

36歳の転職でおすすめの転職エージェント

最後に、36歳の転職でおすすめできる転職エージェントをご紹介します。

 

36歳の転職では、やはり難易度も上がってくるのですが、転職エージェントを活用し、より細かい会社情報や適した企業の提案などを受けることで、転職成功の可能性を高めていきます。

 

特に30代後半の求人を多く保有していたり、対応してくれる転職エージェントを厳選しましたので、ぜひ参考にしてみてください。

【関連記事】30代におすすめの転職エージェント徹底比較16選|特徴・選び方まで

 

マイナビエージェント|30代後半の転職に最もおすすめ

 

36歳の転職ともなれば、これが最後となる可能性があるため、後悔がないよう慎重に進めていく必要があります。

 

マイナビエージェントでは、転職希望者が後悔せずに済むように、面談時のヒアリングに力を入れています

 

本人の条件次第では、必ずしも転職がベストとは限りません。将来のキャリアパスやライフプランを踏まえた上で、転職をしないほうがよいとアドバイスすることもあります。

 

また、30代を対象とした条件の良い求人は、非公開とされているケースがあります。 非公開求人は、転職エージェント経由でないと応募ができません

 

知名度が高いマイナビは優良企業の求人が集まりやすいため、情報収集目的でも登録しておいて損はないでしょう

 

type転職エージェント

 

1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)の地域で特に強い転職エージェントです。36歳の転職では、年収アップの条件は譲れないという方も多いのではないでしょうか。

 

他のエージェントに比べて年収交渉を特に強みとしており、年収を上げながら今よりも良い職場で働きたいという欲張りな方にこそ、登録がおすすめです。

 

ビズリーチ

 

36歳の転職で年収を下げないためには、経験を活かせる職場を見つけることが前提となります。

 

転職でキャリアアップを目指す方に『ビズリーチ』がおすすめの理由は、10万件を超える非公開求人を保有しており、職種や業種を問わず各人の経験を活かせる求人を紹介してもらえるからです。

 

非公開求人とは、普通に公開すると応募が殺到するため、転職エージェントを介して条件に合致した人のみに紹介される求人です。

 

転職エージェントに登録しないことには挑戦できない求人なので、これまでの経験が生きる職場を探したい方におすすめです。

 

パソナキャリア

 

36歳の転職では今後の人生もかかっていますし、職場や職種選びなど考えるべきことも多く悩ましいものです。

 

今後のキャリアについて専門家に相談をしながら判断をしていこうと考えるのであれば、『パソナキャリア』がおすすめです。

 

もちろん他の転職エージェントもキャリア相談に乗ってくれますし、転職ノウハウも充実していますが、『パソナキャリア』は、転職エージェントの中でも親身に相談に乗ってくれることに定評があります。

 

転職活動が思うように進まず1人で悩んでいるのであれば、一度『パソナキャリア』の面談を受けてみるのも良いかと思います。

 

JAC Recruitment

 

JAC Recruitment Group』は外資系企業、海外への転職に強く、アジアで最大級のネットワークを持つ人材紹介会社のひとつで、アジア各国において知名度の高いグループです。

 

ミドル層の、管理職以上のポジションへの転職サポートに関しては、他のエージェントとは別格のサービス満足度を誇ります。

 

36歳を迎えキャリアが煮詰まっている方や、これまでのキャリアを活かして職位を上げて高年収を狙う方に非常におすすめのエージェントと言えるでしょう。

 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off

 

 

まとめ

36歳での転職は難しいと考えている方も多いでしょう。

 

もちろん20代よりも難易度は上がりますが、これまでの知識や経験を活かした転職活動を行えば十分なキャリアアップも目指せます。

 

ご自身のこれまでの社会人としての経験をしっかり形として伝えられるようにしておき、その内容と求める人物像に一致する会社を優先的に探していきましょう。

 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off
「転職先での労働トラブル。いざという時に備えた弁護士費用保険」
転職前は良い会社だと思って入社したのに、実はコンプライアンスに難があり、労働トラブルに発展したケースがあります。厚生労働省の調べによれば、パワハラやセクハラ、契約違反による労働相談は年間で約110万件以上もあるのが現実。

(出所:厚生労働省 平成29年度個別労働紛争解決制度の施工状況)

  • 転職先でパワハラ / セクハラを受けてしまった
  • 残業代が支払われない
  • 正当な理由なく解雇を言い渡された など

もし自分がこのような被害に遭ってしまった場合、【パワハラやセクハラなら慰謝料の請求】【残業代が未払いなら未払い額の回収】、【不当解雇なら解雇無効か損害賠償金の請求】が可能できますが、弁護士に依頼すると着手金や報酬金で約50~80万円もの費用がかかります。

弁護士費用がネックとなり、依頼出来ず泣き寝入りしてしまう。そんな方々を守るために生まれたのが弁護士費用保険メルシーです。

弁護士費用保険メルシー 弁護士費用保険メルシーに加入すると月額2,500円の保険料で、この先ご自身が労働トラブルに遭遇してしまった際の弁護士費用補償が受けられます。なお労働問題に限らず、自転車事故や相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認下さい。)

ご自身の問題はもちろん、大切な家族もトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・070

この記事の監修者
キャリズム編集部
転職・人材業界に深く関わるディレクターが『今の職場に不満があり、転職を考え始めた方』や『転職活動の進め方がわからない方』へ、最高の転職を実現できる情報提供を目指している。
編集部

本記事はキャリズムを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※キャリズムに掲載される記事は転職エージェントが執筆したものではありません。
株式会社アシロでは、執筆いただけるライターを募集しております。応募はこちらから

30代の転職に関する新着コラム

30代の転職に関する人気のコラム


30代の転職コラム一覧へ戻る