あなたにぴったりな転職エージェントが見つかる
エージェント検索 人気ランキング 転職コラム
 > 
 > 
 > 
セキュリティエンジニアの転職をする際に考えるべき5つの事
キーワードからコラムを探す
提携サイト一覧
Office info 106 Office info 116 Office info 176 Office info 186 Office info 165
Ranking agent btn

セキュリティエンジニアの転職をする際に考えるべき5つの事

Sekyurithi

情報セキュリティに対する関心が高まっている現在、セキュリティエンジニアの転職案件は飛躍的な増加傾向にあります。手に職のある技術職の転職求人は、いつの時代も一定数の求人が確保されていると言って良いですが、セキュリティエンジニアの転職案件は、個人情報の漏洩、自社システムへの不正侵入などの対策を強化し始めた昨今、引く手数多と言っていいかもしれません。
 


引用元:IT人材白書(2016)

 
また、以前はなかった専門部署も担当者を設ける企業が増加していますので、よりよい転職をしたいセキュリティエンジニアは、転職がしやすい環境と言えますが、そういった現状を踏まえて、セキュリティエンジニアの転職を成功させるにはどう言った要素があるのか、見ていこうと思います。
 

ワークポートテック
Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off

セキュリティエンジニアの転職に強い転職サイト・エージェント5選

まず、セキュリティエンジニアの転職をするにはエンジニアの転職求人がどこに集中しているのかを把握することから始めましょう。言ってしまえばどの転職サイトに一定数の求人案件は乗っていますが、総合的な職業を網羅しているサイトやサービスよりも、専門職を多く扱うところに行くことで、職業に対する知識や重要性も把握している可能性が高いでしょう。
 
【関連記事】
転職エージェントとは?
転職エージェントを利用するメリットとデメリットの全知識
 

日経キャリアNET

2016年11月現在148件の求人案件がある求人数トップクラスの転職サイトです。自分で求人案件を探すこともできますし、転職エージェントサービスを使えばさらに非公開の求人案件も紹介してもらえます。名だたる大企業も多く掲載していますので、憧れの企業に就職するここともできるかもしれません。
 

indeed

最近CMで良く見かけるようになった求人検索サイトです。昔からあるサービスではありますが、他媒体の求人情報を網羅的に探すことのできる非常に便利なサービスではあります。ただ、UIの問題で少し見づらいと言ったことがありますので、地域名で絞って探しだすのが良いかと思います。
 

doda

転職はDODA

転職サイト・エージェント機能を持った最大手の転職サービスの一つです。特筆すべき魅力はセグメント機能の高さでしょうか。他媒体はセキュリティエンジニア以外の求人もヒットしてしまいますが、dodaは検索した求人以外の案件はあまり出てこない傾向が強いので、余計な情報を見なくて良いという意味ではおすすめです。
 

パソナキャリア

パソナキャリア

サポートのきめ細かさに定評がある転職エージェントです。転職が初めての方、IT業界未経験者の方におすすめです。パソナテックというIT派遣事業も運営しており、面接の時にアピールすべきポイント、業界のトレンド、など未経験者に不足しがちな情報を補えます。
 

レバテックキャリア

エンジニアの求人のみを専門的に扱う転職エージェントです。企業の人事だけでなく、現場のプロジェクトマネージャーとも人材に関する情報を共有していますので、マッチングしやすいといえます。他にも希望すれば担当者が直接職務経歴書を添削してくれるなど、手厚いサポートをしてくれます。
 
【関連記事】
エンジニアの転職に強い転職エージェントと転職成功の秘訣
 
 

転職に失敗しないためにセキュリティエンジニアが知っておくべき事

最後に、セキュリティエンジニアの転職市場や、転職に際してやっておくべきことを見ておきましょう。
 
 

エンジニアの存在は常に不足している

下記の図は、IT企業における人材の“質”に対する不足感について、過去3年間の変化を比較したものですが、人材の“質”に対する不足感は常に約9割台の横ばいが続いています。
 


引用元:IT人材白書(2016)

 
この傾向は特に大企業に顕著に表れており、従業員30名以下の企業においては早急に確保したいという希望が見えます。しかし、割合で見ると1000名以上の大企業が9割の不足感を感じており、転職に際しては希望の大企業に就職できる可能性も考えられます。
 
 


引用元:IT人材白書(2016)

セキュリティエンジニアが転職に不可欠な知識とスキル

セキュリティエンジニアとして転職を成功させるには、セキュリティに関する高い知識と技術は必要不可欠です。また、セキュリティに関する技術は変化と進歩がとても早いため、常に新しい技術、トレンドをキャッチアップし、先を見通す先見性も必要になります。
 

セキュリティエンジニアに求められる基礎知識

セキュリティエンジニアと一言で言ってもその関わる分野は幅広く、それぞれに必要なスキルも異なってきますが、基本的には下記のような知識を求められることになります。
 

1.情報セキュリティマネージメント

9.セキュリティ運用

2.ネットワークインフラセキュリティ

10.セキュリティプロトコル

3.アプリケーション・セキュリティ

11.認証

4.OSセキュリティ

12.PKI

5.ファイアウォール

13.暗号

6.侵入検知システム

14.電子署名

7.ウィルス

15.不正アクセス手法

8.セキュアプログラミング技法

16.法令・規格

 
これは、「NPO日本ネットワークセキュリティ協会」が公開している「セキュリティ知識分野人材スキルマップ2016年版」で明示された、セキュリティエンジニアに必要なスキルとして求められるものの一部です。また、セキュリティ部門に関わる者として、役職別にいくつもの知識が必要であるとされています。
 
▶︎セキュリティ知識分野(SecBoK)人材スキルマップ2016年版|EXCEL
 

コミュニケーション能力

エンジニアだから人と話さなくて良いよというわけではありません。様々な人とのコミュニケーションが仕事では必然的に多くなりますので、経営者や現場担当まで細かく具体的かる論理的に説明し、納得させることができる能力が求められます。
 

洞察力

セキュリティの仕事では想定の範囲外をいくつ潰せるかを考慮する必要があるため、柔軟な発想や常識にとらわれない考え方も、時には要求されます。具体的に何がということは言えませんが、もしなかったとしても、経験を積み重ねていくうちに身に付けていければ問題ありません。
 

転職をしたセキュリティエンジニアの年収はどの程度上がるのか

セキュリティエンジニアの平均年収は、30歳前後で600万円程度と言われています。30代でも前半なのか後半なのかでだいぶ差がありますが、年齢的に見れば総じて年収は高めと言っていいでしょう。
 
ただ、年収は個人の能力でかなりばらつきが出ますので最初は300万円~500万円位からスタートすることが多くなります、もとろん転職をして年収1,000万円も目指すこともできますが、管理職を目指したり、他の人にはできないような高いスキルを身につける必要はあるでしょう。
 

年収アップを目指すには?

一番簡単な方法は、国内企業ではなく外資系企業を狙う事です。日経企業のような年功序列制度が全くない外資系であれば、若い世代からでも年収1000万円プレイヤーになることは可能です。その分仕事量、責任は大きなものになりますが、スキルアップを目指すのであれば、チャンレジすることをおすすめします。
外資系に強い転職エージェントの選び方と外資系に転職するコツ

転職エージェントを利用する

転職エージェントを利用する一番のメリットは、転職が成功しやすくなるという部分です。転職に関するサポートをエージェントの担当者が全て関わってくれますので、給与アップの交渉、転職時期の調整、企業の内部情報など、転職に際して気になるであろう情報を揃えてくれるだけではなく、職務経歴書の添削、面接サポートなども行なってくれますので、転職を成功させたいのであれば、利用しておくことをおすすめします。
 
【関連記事】
▶︎エンジニアが転職を考える5つの理由と転職を成功させるコツ
▶︎エンジニアの転職に強い転職エージェントと転職成功の秘訣
▶︎ネットワークエンジニアが転職を成功させる為の全知識


 

ワークポートテック

まとめ

セキュリティエンジニアの転職は盛り上がっていることはお伝えした通りですが、ただのエンジニア以上に深く幅広い知識が求められる分野ではありますので、今回の内容がセキュリティエンジニアの転職を成功させるためのお役に立てば幸いです。

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off
編集部

本記事はキャリズムを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※キャリズムに掲載される記事は転職エージェントが執筆したものではありません。
株式会社アシロでは、執筆いただけるライターを募集しております。応募はこちらから

IT・エンジニアの転職に関する新着コラム

IT・エンジニアの転職に関する人気のコラム


IT・エンジニアの転職コラム一覧へ戻る