あなたにぴったりな転職エージェントが見つかる
エージェント検索 人気ランキング 転職コラム
ホーム > 転職コラム > ニートからの就職 > ニートから正社員になる5つの方法|いきなり正社員になれる2つの理由
キーワードからコラムを探す
提携サイト一覧
Office info 96 Office info 106 Office info 136 Office info 76 Office info 736
Ranking agent btn

ニートから正社員になる5つの方法|いきなり正社員になれる2つの理由

キャリズム編集部
監修記事
%e3%82%b5%e3%83%a0%e3%83%8d%e3%82%a4%e3%83%ab%e7%94%bb%e5%83%8f %281%29

脱ニートを決意して、働こうと思ったものの、「ニートから正社員になれるの?」と疑問に思っている方がいるかもしれません。確かにアルバイトなどの方が時間に融通がきく面もありますが、安定した雇用でニートを卒業したいのであれば、正社員での就職がより良いでしょう。そして、ニートからいきなり正社員になることは、決して不可能ではありません。

 

この記事では、

・どうしてニートがいきなり正社員になれるのか

・正社員になる方法には何があるのか

 

これらについてご紹介します。

 

 

Pc tool head parttimer
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 現在の状況を
お聞かせください。
Pc tool btn off

ニートからいきなり正社員になれる2つの理由

ニートからでもいきなり正社員になることができるのは、主に以下の2つの理由です。

 

理由1:人手不足の社会

現在、日本は未曾有の少子高齢化社会となり、生産労働人口がどんどん減っています。これに伴って、企業は慢性的な人手不足となり、とにかく働いてくれる人が足りないという状況になっています。

 

引用:株式会社帝国データバンク「人手不足に対する企業の動向調査(2018 年 10 月)」

 

図のように、半分以上の企業で従業員が不足しているのです。

 

また、最近では、経営は黒字にも関わらず人手不足だから倒産するという「人手不足倒産」も聞くようになりました。猫の手も借りたいほど人手が足りない社会ですので、働く意欲さえあれば、ニートであっても企業はほしいと考えるようになったのです。

 

 

理由2:ニート歓迎の転職エージェントが出現してきた

人手不足に伴って、民間の転職エージェントもどうにかして人材を集めなければいけなくなりました。

 

そこで下記で紹介するような転職エージェントでは、フリーターやニートなどの就職もサポートすることで、人材確保をしようとしています。

 

このようなエージェントでは、ニートを歓迎してくれる企業の求人を紹介してくれたり、ニート中の空白期間を履歴書や面接でどのように答えるかのアドバイスなど、ニートの就活を親身になってサポートしてくれます

 

ニートから正社員になるおすすめの手段は転職エージェントの利用

ニートからいきなり正社員になりたいのであれば、転職エージェントの利用がおすすめです。もちろん正社員になる方法は他にもありますので、それらについても後ほどご紹介します。

 

ホワイト企業の求人を教えてくれる

エージェントをおすすめする大きな理由の1つです。せっかく就職したいと思い立っても、絶対にブラック企業は嫌ですよね。

これはエージェント側も同じです。就職した人が次々に辞めてしまっては「定着率」という数値が下がってしまいます。

これではエージェントの評価も下がってしまうため、エージェント側としては、就職してくれた人には長く働いてほしいのです。

 

そのため、多くのエージェントでは紹介する企業をしっかりと自社で調査していることがほとんどです。

 

エージェントを利用することで、安心してホワイト企業の中から就職活動を進めることができるでしょう。

 

履歴書のアドバイス

ニートの就活にとって最初の難関は履歴書です。空白期間はどうしても不利な材料だからです。

 

しかし、多くのニートの就活をサポートしてきたエージェントなら、それでも通る履歴書の書き方のノウハウを持っています。

自分1人で履歴書を書いていても、なかなか改善点には気づかないもの。エージェントのアドバイスをもらいながら、書類選考で落とされないような履歴書を書き上げましょう。

 

面接のアドバイス

就職活動の山場といえば面接です。

そして面接ほど、1人で上達するのが難しいものもないでしょう。エージェントを利用することで、よく聞かれる質問やその答え方、面接時の振る舞い方など、面接に関するさまざまなアドバイスをもらえます。また、エージェントによっては模擬面接を実施してくれるところもあります。

 

空白期間はどう答えればいい?

おそらく多くの面接で聞かれるのが、「ニート中の空白期間」についてです。

もちろん個別に事情があるかと思いますので、ぜひ転職エージェントからのアドバイスも参考にしてほしいのですが、回答のポイントとして共通するのは「ポジティブに答える」こと。

ニート生活はどうしてもネガティヴ思考になりがちですが、企業は明るく前向きな人材の方がほしいものです。

 

脱ニートの一歩目として、ポジティブシンキングからはじめてみるのもいいかもしれませんね。

 

エージェントのデメリットは年齢制限

しかし、転職エージェントにもデメリットはあります。それは年齢です。

 

企業はどうしても若い人材の方がほしいので、エージェントが紹介できる求人情報も、20代向けが中心となっています。もしあなたが20代であれば問題ないのですが、30代以降の場合、転職エージェントのサービスを十分に活用できないかもしれないことは覚えておいてください。

 

転職エージェントに限った話ではありませんが、脱ニートは早い方が有利です。

 

 

ニートの就職におすすめの転職エージェント

ニートの就職も徹底サポートしてくれる、おすすめの転職エージェントを4つご紹介します。就職活動を行う上では、複数のエージェントに登録することが普通です。ぜひ、いくつか登録してみてください。

JAIC

 

  1. 入社後定着率94.3%という高い数値からわかる通り、求職者のニーズにマッチした企業を紹介している
  2. 正社員求人のみを紹介しているので、安定した雇用が期待できる
  3. 就活講座などの丁寧なサポートで、就活でわからないことも安心して聞ける
  4. 就職後の個別サポートもあるので、就職後の不安にも対応してくれる
  5. 310以上のメディアで紹介された実績があり、多くの注目を集めている

 

運営会社:株式会社ジェイック

>>公式サイトはコチラ<<
 

ウズキャリ

 

  1. 入社後定着率が95%と高く、長く働きたくなる優良企業を紹介していることがわかる
  2. 内定率も86%と高水準
  3. 独自の基準でブラック企業を排除しているので、安心して就職活動に臨める
  4. 1人ひとりに合わせた面接対策を行っているので、面接での不安が少ない
  5. 20代に特化したエージェントのため、同世代の就活のノウハウが蓄積されている

 

運営会社:株式会社UZUZ

>>公式サイトはコチラ<<
 

就職Shop

 

  1. 未経験歓迎の求人が中心のため、職歴がなくても気軽に応募できる
  2. 書類選考を必要としない求人を紹介しているため、一気に面接から臨める
  3. 個別対策で内定までサポートしてくれるので、わからないこともすぐに聞くことができる
  4. 20代の利用が9割と、20代の就活に特化したエージェント
  5. 掲載企業すべてを取材しているため、ブラック企業が排除されている

 

運営会社:株式会社リクルートキャリア

>>公式サイトはコチラ<<
 

ハタラクティブ

 

  1. 未経験が求められる職種・業種を説明してくれるので、応募企業の判断がしやすい
  2. ビジネスマナーや面接のコツも教えてくれるため、就活の不安が少ない
  3. 60,000人以上のカウンセリング実績から、あなたの就活を徹底サポートしてくれる
  4. 丁寧な面接後フィードバックで面接突破力を鍛え、内定率も80.4%と高水準
  5. 5~10年後を見据えたお仕事選びのコツを伝授してくれるので、長く働くイメージが湧く

 

運営会社:レバレジーズ株式会社

>>公式サイトはコチラ<<
 

 

 

ニートから正社員になるそのほかの方法

転職エージェントを利用する以外にも、正社員になる方法はあります。以下で、代表的なものをご紹介します。

 

アルバイトからの社員登用

アルバイトとして勤めてから、その企業の正社員になる方法です。アルバイト募集の要項に「正社員登用あり」という文があることも多いでしょう。

 

メリット

・職場の雰囲気や働き方がわかった上で、正社員になれる

 

デメリット

・いつどのタイミングで正社員になれるかわかりにくい

・そもそも正社員登用しているのかがわかりにくい

 

ハローワーク

就職活動のなかでもっとも有名な方法ではないでしょうか。さまざまな求人があるだけでなく、自己分析などのサポートを受けることができます。

 

メリット

・地元の求人が多い

・職員のサポートが充実している

 

デメリット

・ブラック企業の求人が混ざっている

・自発的に動かないと何も進まない

 

 

紹介予定派遣

紹介予定派遣とは、6ヶ月勤めてから企業側と労働者側で合意があれば、そのまま直接雇用されるという派遣制度です。アルバイトと同じく、正社員になる前からその企業の雰囲気を知ることができます。

 

メリット

・事前にその企業の雰囲気、仕事内容がわかる

 

デメリット

・企業側からの合意がないかもしれない

・契約社員など、必ずしも正社員になれるとは限らない

 

国の公的支援

「地域若者サポートステーション」や「ジョブカフェ」など、ニートの就労も支援してくれるサービスがあります。就職エージェントより対象年齢が高く、30代でも利用できるでしょう。

 

メリット

・相談だけでも利用できる

 

デメリット

・非正規雇用の求人も多い

 

就職サイト

就職サイトに登録、活用することで、これまで紹介したサービスに頼らず、1人で就職活動を進めることも可能です。こちらも転職エージェントと同じく、複数のサイトを比較してみてください。

 

メリット

・求人数が多い

・自分のペースで進められる

 

デメリット

・未経験や空白期間があると通らない求人も多い

 

 

まとめ|エージェントを味方につけて脱ニート!

ニートからの就職は、なかなか勇気のいることでしょう。しかし、この記事を検索した時点で、一歩目は踏み出せているのではないでしょうか。

先ほども話した通り、ニート脱出は早い方が有利です。いきなり正社員になることも決して不可能ではありませんので、ぜひ、さらにもう一歩踏み出してみてください。

 

 
Pc tool head parttimer
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 現在の状況を
お聞かせください。
Pc tool btn off
「転職先での労働トラブル。いざという時に備えた弁護士費用保険」
転職前は良い会社だと思って入社したのに、実はコンプライアンスに難があり、労働トラブルに発展したケースがあります。厚生労働省の調べによれば、パワハラやセクハラ、契約違反による労働相談は年間で約110万件以上もあるのが現実。

(出所:厚生労働省 平成29年度個別労働紛争解決制度の施工状況)

  • 転職先でパワハラ / セクハラを受けてしまった
  • 残業代が支払われない
  • 正当な理由なく解雇を言い渡された など

もし自分がこのような被害に遭ってしまった場合、【パワハラやセクハラなら慰謝料の請求】【残業代が未払いなら未払い額の回収】、【不当解雇なら解雇無効か損害賠償金の請求】が可能できますが、弁護士に依頼すると着手金や報酬金で約50~80万円もの費用がかかります。

弁護士費用がネックとなり、依頼出来ず泣き寝入りしてしまう。そんな方々を守るために生まれたのが弁護士費用保険メルシーです。

弁護士費用保険メルシー 弁護士費用保険メルシーに加入すると月額2,500円の保険料で、この先ご自身が労働トラブルに遭遇してしまった際の弁護士費用補償が受けられます。なお労働問題に限らず、自転車事故や相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認下さい。)

ご自身の問題はもちろん、大切な家族もトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・070

この記事の監修者
キャリズム編集部
転職・人材業界に深く関わるディレクターが『今の職場に不満があり、転職を考え始めた方』や『転職活動の進め方がわからない方』へ、最高の転職を実現できる情報提供を目指している。
編集部

本記事はキャリズムを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※キャリズムに掲載される記事は転職エージェントが執筆したものではありません。
株式会社アシロでは、執筆いただけるライターを募集しております。応募はこちらから

ニートからの就職に関する新着コラム

ニートからの就職に関する人気のコラム


ニートからの就職コラム一覧へ戻る