あなたにぴったりな転職エージェントが見つかる
エージェント検索 人気ランキング 転職コラム
ホーム > 転職コラム > ニートからの就職 > ニートが働きたいと思ったらやるべきこと5つと就職活動の進め方
キーワードからコラムを探す
提携サイト一覧
Office info 106 Office info 96 Office info 176 Office info 76 Office info 165
Ranking agent btn

ニートが働きたいと思ったらやるべきこと5つと就職活動の進め方

キャリズム編集部
監修記事
Pixta 27793362 s

「ニートを卒業して働きたいと考えているが、自分なんかを雇ってくれる会社はあるのだろうか…」

 

ニートが働きたいと思っても、すぐに仕事が見つかる可能性は低いと言えます。さまざまな不安や困難を乗り越えて、ようやく社会復帰の道が開けてきます。

 

とはいえ、やみくもに頑張れば、結果につながるというわけではありません。計画的に行動したほうが、より社会復帰の可能性は高まるといえます。

 

この記事では、ニートが社会復帰で直面する不安、ニート脱却に向けてやるべきこと、失敗しない就職活動の進め方などについて詳しく解説します。

Pc tool head parttimer
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 現在の状況を
お聞かせください。
Pc tool btn off

ニートが社会復帰で直面する不安

ニートを脱却できた方も、今まさに頑張っている方も、ニートを卒業して働きたいと考え始めた方も、社会復帰に際して、皆同じような不安を抱えています。

 

この項目で挙げたような不安を感じるのは当然のことです。ですが、不安を乗り越え、社会復帰を目指すことは可能ですので、きちんと向き合っていきましょう。

 

働いた経験がないこと

就職活動に失敗して、そのまま働かずにニートとなってしまった方は、働いた経験がないことを引け目に感じているかもしれません。

 

確かに、社会人として実務経験がないのは不利です。だからといって、働くことを諦める必要はありません。

 

20代であれば、まだまだ取り返しがつきます。過去の自分と決別し、これから頑張っていきますという意欲を正直に伝えることが大切です。

 

また、30代の場合は20代のようにはいかないかもしれないですが、職業訓練を受けるなどやれることはやっておきましょう。

 

空白期間があること

ニートであった以上、職歴欄に空白期間ができてしまいます。

 

嘘も方便ですので、資格試験の勉強をしていた、留学に行っていた、親の介護をしていたなどと言ってごまかす人もいるかもしれません。


それが犯罪にあたるというわけではありませんが、履歴書の嘘がバレた場合など、解雇されてしまう可能性もあります

 

空白期間を気にする会社であれば、書類選考の時点で落とすでしょうが、仕方ありません。自己PR欄などを前向きに書くことで、できる限り挽回していきましょう。

 

書類選考を通過したのであれば、何かしらの期待があってこそです。空白期間については間違いなく突っ込まれますが、採用担当者を納得させることができれば、内定が得られるでしょう。

 

人付き合いに自信がないこと

人間関係がきっかけで引きこもりになっていた場合、上手く人付き合いができるか不安になるかもしれません。

 

無理に良好な人間関係を作ろうとしなくても大丈夫です。挨拶や返事をきちんとする、聞かれたことに答えるなど、基本的なことをこなしていきましょう。

 

もし表情や声のトーンが暗いというのであれば、少し意識して明るくするとよいかもしれません。

 

無理に仲良くするために頑張りすぎると、逆につらくなってしまうので気をつけましょう。

 

仕事を続けられる自信がないこと

仕事を続けていけるか不安がある場合、まず考え方を変えましょう。

 

「仕事がつまらない」「自分に合っていない」などと、働き始めた際に感じた不満は当然のことです。

 

多くの人が同じような不満を抱えながら仕事をしています。本当にやりたいことを仕事にして、生活できている人はごくわずかです。

 

確かに、自分が好きだと思える仕事で、楽しく働きたいと思うかもしれませんが、ご自身の状況を思い出してください。

 

残念ですが社会復帰したばかりで、何もかも望み通りに行くことはありません

 

まずは、仕事をする生活に慣れること、継続していくことが大切です。そうした積み重ねた経験や実績をもとに、よりよい職場への転職を目指していきましょう。

 

ただし、働きはじめた会社でパワハラやいじめ、セクハラなどに遭った場合は別です。あなた自身のことを最優先に守ってください

 

ニートに舞い戻ってしまうこと

せっかくどこかの会社で雇ってもらっても、続かなかったらニートに舞い戻ってしまう…。

 

不安な気持ちはわかりますが、まずは1日1日を頑張ることです。

 

どうしても、会社や周囲の人間との相性などもありますので、長く続かない場合もあります。

 

続けられなかったことで、自信を失うかもしれませんが、そこはグッとこらえて新しい職場を探しましょう。少し休んでからなどと期間を空けてはいけません。

 

一度止まってしまうと、また動き出すのにきっかけが必要になりますし、空白期間があると不利になるのは、あなた自身がよくわかっているはずです。

 

失敗するのは悪いことではありません。大切なのはチャレンジを続けることです。

 

 

ニート脱却に向けてやってきたい5つのこと

ニートを卒業するにしても、何から始めればよいのかわからない方も多いでしょう。

 

いきなり就職活動を始めるのではなく、ニートから卒業するための土台づくりから、始めることをおすすめします。

 

規則正しいリズムで生活する

ニート期間中、不規則なリズムでの生活を送っていたのであれば、生活習慣の改善から始めましょう

 

特に昼夜逆転の生活をしていた方は、朝型の生活リズムに直す必要があります。

 

多くの仕事では、始業時間が9時~10時に設定されていますので、朝の7時か8時に起きるような生活を心がけたいですね。

 

適度な運動を心がける

基本、家にずっと引きこもっていたという方は、軽くでよいので運動しましょう。

 

仕事をするうえで、体力は非常に大事です。身体が最大の資本というように、健康であることは1つの武器になります。

 

仕事を体調不良で休みがちな人と、風邪すらひかずに毎日出勤できる人では信用が段違いです。

 

休みがちな人は戦力として計算しづらく、仕事を任せにくいですが、休まない人は能力の有無にかかわらず、とりあえずタスクを割り振ることができます。

 

資格を取得する

ニートの利点は自由に使える時間が多いことです。

 

働き始めると一日の1/3は仕事に費やすことになるので、ニート期間中に資格の取得を目指すのは、有意義な時間の使い方といえます。

 

資格が取得できるに越したことはありませんが、残念な結果になったとしても、目標をもって何かに取り組んだ経験は、今後に役立つでしょう。

 

また、種類にもよりますが、資格を取得したことは空白期間に対する一応の説明になります。

 

自己分析をする

就職活動を行う前に、自分自身を見つめ直すための自己分析をやっておきましょう。

 

自分は何が好きで、どんな性格なのか、どんなことができるのかなど、自身の長所や短所を紙に書き出してみてください

 

そうすることで、自分にはこんな仕事が向いているんじゃないか、あの仕事は合わないかなどがうっすらと見えてくるはずです。

 

求人探しをする際の基準の1つになるでしょう。

 

 

情報収集をする

働くことのイメージを持つためには、さまざまな仕事や会社の情報収集を行うことも大切です。

 

例えば、営業1つをとっても、会社によって仕事内容は大きく異なります。

 

新規顧客を開拓するために、バンバン電話・訪問を行う営業もあれば、既存顧客へのフォローが中心の営業もあります。

 

また、会社はただお金を稼ぐためだけに、存在しているのはありません。それぞれ何かしらの理念、社会的な課題の目的があって運営されています。

 

会社が行っている業務が、どう世の中に役立っているのか知っておくことも大切です。

 

失敗しない就職活動の進め方

ニートが就職活動を行って、スムーズに職場が決まるかといえば難しいでしょう。どうしても、未経験者を雇うことに企業は消極的です。

 

とはいえ、諦めるわけにはいきませんし、アピールの仕方次第では十分勝機はあります

 

この項目では、失敗しない就職活動の進め方を紹介します。

 

就職支援サービスを利用しよう

就活支援サービスとは、その名の通り、求職者の就職活動をサポートしてくれるサービスです。

 

就活支援サービスには、

  • 民間企業が運営しているもの【転職エージェント】
  • 公的機関に運営されているもの【サポステ、ジョブカフェ】

の2種類があります。

 

どちらも無料で利用することができ、サービス内容についても大きな差はありません。ですが、求人の質や数、サポートの質については、民間のサービスに分があります。

 

可能であれば、民間のサービスを利用したほうがよいですが、基本的にフリーターや既卒、ニート向けの転職エージェントは20代までしか登録できません

 

そのため、20代はどちらか好きな方を利用ができますが、30代以降は公的機関の就業支援サービス一択です。

 

ですが、公的機関の就活支援サービスの場合、就業体験ができたり、ビジネスマナー講座などが受けられたりするというメリットがあります。

 

どちらのサービスを利用するにせよ、自分だけで就職活動を進めるよりは、スムーズに物事を運べるでしょう。

 

 

自分に合った仕事で働こう

人間だれしも向き不向きはあります。向いていない仕事は早期退職につながる可能性が高いので、できれば自分に合っていそうな求人を選びましょう。

 

すべての方に当てはまるわけではないですが、ニートの特徴として「人付き合いが苦手」「ネガティブな思考に陥りやすい」などが挙げられます。

 

下記の仕事は、人付き合いも少なく、強いストレスがかかるような業務ではないため、気楽に始めやすいです

 

  • データ入力
  • テープ起こし
  • 工場でのレーン作業
  • ホテルなどの清掃員 など

 

また、就活支援サービスを利用している場合は、その求人がどういった業務を行うのか、詳しく聞いておくことをおすすめします。

 

 

アルバイトから始める

ニートであった期間が長期にわたる場合、アルバイトから始めるのも選択肢の一つです。

 

正社員であれば、週5でフルタイムに加え、厳しい責任が伴います。社会復帰したばかりの状況では、仕事の肉体的・精神的なストレスに耐えられないかもしれません。

 

アルバイトであれば、自分でシフトを決められますし、業務の範囲もそれほど広くないため、かかる負担も少なく済みます。

 

リハビリ期間として半年から1年ほど、アルバイトで働いてみるのもよいでしょう。

 

働きたいニートにおすすめの転職エージェント

ニート向けの転職エージェントは、意外と数があるため、どれに登録したらよいのか悩んでしまうかもしれません。

 

この項目では、ニート向け転職エージェントのおすすめを3つご紹介します。

 

JAIC(ジェイック)

 

ジェイックの強み

  • 就職成功率80.3%、定着率・満足度94.3%
  • 就職に役立つ7日間の無料就活講座
  • 充実したアフターフォロー

 

ジェイックは長年にわたり、既卒やフリーター、ニートなどの就職支援に力を入れてきたサービスです。

 

ただ、求人を紹介するのではなく、7日間の無料就活講座で利用者の就職活動をゼロからサポート

 

社会人経験がなく、ビジネスマナーが身についてなくて不安な方も安心してください。社会人として生きていくための知識を一から身につけることができます。

 

また採用後のフォローが手厚いのも魅力の一つ。入社確定後に行われる4回の無料研修では、会社で活躍していくために役立つ知識が学べるでしょう。

 

>>公式サイトはコチラ<<

 

【関連記事】
JAIC(ジェイック)の評判や口コミの本音トーク|実は誰でも就職できる最高のサービスだった話し

 

ウズキャリ

 

ウズキャリの強み

  • 就職成功率86%、定着率95%
  • オーダーメイド型の就活サポート
  • 独自の基準でブラック企業の求人を排除

 

ウズキャリは20代の既卒・フリーター・ニートなどの就職支援に定評があるサービスで、多くのメディアに掲載された実績を持ちます

 

ウズキャリの魅力は、他社の2倍以上の時間をかけて行う就活サポートです。

 

利用者一人ひとりに合わせたオーダーメイド型で、その人が持つ魅力、仕事に求めるものなど、時間をかけて丁寧にヒアリングしてくれます。

 

また、独自の掲載基準を設けて、ブラック企業の求人を徹底的に排除。求人を掲載する企業に訪問を行い、職場環境や労働条件を念入りにチェックしています。

 

時間をかけてでも、良い企業に巡りたい方には、ピッタリの就職支援サービスです。

 

>>公式サイトはコチラ<<

 

就職Shop

 

就職Shopの強み

  • 書類選考なし
  • 登録から内定獲得までの流れがスピーディー

 

人材紹介サービス大手の「リクルート」が運営する若者向け就職支援サービスです。

 

就職Shopには8000社以上の企業が登録しており、営業や事務、IT関係など、さまざまな求人を幅広く掲載しています。

利用者に幅広い選択肢を提供できるため、登録から採用決定に至るまでのプロセスが、スピーディーな点も見逃せません。

 

>>公式サイトはコチラ<<

 

 

まとめ

ニートが働こうと思っても、現実は厳しく、なかなか採用が得られないのは事実です。

 

就職活動を進めていくなかで、さまざまな不安に直面することでしょう。ですが、社会復帰のチャンスがないわけではありません。

 

困難を乗り越えた先で、あなたに合った仕事や職場に巡り合えるはずです。

 

しかし、ニートであった期間が長い方は、いきなり就職活動を始めるのではなく、生活リズムなどを整えることから始めましょう

 

また、自分一人で就職活動を進めていくことに不安がある場合は、就職支援サービスの利用をおすすめします。

 

あなたが20代であれば、民間企業が運営する転職エージェント、30代以降であれば公的機関のサービスを利用しましょう。

 

就職活動は辛くて苦しいかもしれませんが、諦めずに継続していきましょう。

 

 
Pc tool head parttimer
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 現在の状況を
お聞かせください。
Pc tool btn off
この記事の監修者
キャリズム編集部
転職・人材業界に深く関わるディレクターが『今の職場に不満があり、転職を考え始めた方』や『転職活動の進め方がわからない方』へ、最高の転職を実現できる情報提供を目指している。
編集部

本記事はキャリズムを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※キャリズムに掲載される記事は転職エージェントが執筆したものではありません。
株式会社アシロでは、執筆いただけるライターを募集しております。応募はこちらから

ニートからの就職に関する新着コラム

ニートからの就職に関する人気のコラム


ニートからの就職コラム一覧へ戻る