あなたにピッタリな
転職エージェントが見つかる
エージェント検索 人気ランキング 転職コラム
 > 
 > 
 > 
今の仕事を続けるべきか?と悩んだときの対処法と転職の進め方
キーワードからコラムを探す

今の仕事を続けるべきか?と悩んだときの対処法と転職の進め方

Pixta_28726951_s

今の仕事を続けるべきか?と悩んだことはないでしょうか。
 
仕事をしている社会人であれば、誰でも一度は悩んだことがありますよね。
 
しかし、そう簡単に今の職場を辞めるわけにもいきません。
 
そこで、ここでは今の仕事を続けるべきか悩んだときの対処法について解説していきます。
 
さらに、今の仕事を続けるべきか悩んだときの転職活動の進め方についても説明していきますので、ぜひ参考にしてください。
 
 

Pc_tool_head
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc_tool_btn

仕事を辞めたくなる主な理由


最初に、仕事を辞めたくなる主な理由について解説していきます。
 
あなた自身も当てはまっていないかチェックしてみてください。
 
【関連記事】
「仕事を辞めたい!」主な理由5つ|円満に退職するための伝え方まとめ
仕事を辞めたいけど言えない理由と言いやすくなる8つの方法
会社を辞めたい!そんなときの賢い辞め方・耐え方・頼れる相談先まとめ
 

成果が上がらないから

最も多い理由が、仕事の成果が上がらないケースです。
 
どんなに懸命に頑張っても、結果が出ないことはよくあることです。
 
その仕事に向いていない可能性が高く、やはり多くの人が辞めたくなるようです。
 

職場の人間関係がよくないから

職場の人間関係が原因で、仕事を辞めたくなる人も非常に多いです。
 
どんなに仕事が順調であっても、人間関係が悪ければ、その職場を辞めたくなりますよね。退職の理由として「職場の人間関係」を挙げる人が多いのも納得できます。
 

上司からパワハラを受けているから

上司という立場を利用して無理難題を押し付けてくるような上司がいると、それが原因で辞めたくなる人も多いでしょう。
 
パワハラの被害者が精神障害を発症するケースもあります。
 

待遇面に不満があるから

仕事を辞めたくなる理由として、待遇面の不満を原因に挙げる人も非常に多いです。
 
頑張って働いても、給料が少なければ誰でも納得がいかないもの。
 
実際に、待遇面に納得がいかずに転職を決意する人が多いようです。
 

正当に評価されないから

仕事の成果が正当に評価されないことを理由に挙げる人も多いです。
 
しっかりとした成果を上げているにもかかわらず、昇給や昇進に繋がらないようなケースです。
 

やりたい仕事ではないから

やりたい仕事ではないために、今の職場を辞めたくなるケースも。
 
異動や転勤によって、本来はやりたくない業務を任されるようなパターンです。
 
モチベーションが上がらないために、多くの人が辞めたくなるようです。
 

業績不振だから

会社の業績不振を理由に挙げる人もいます。
 
会社の業績が悪化していて、将来性が見えないようなケースです。
 
倒産する可能性が高ければ、やはり多くの人が辞めたいと感じるようです。

 

今の仕事を続けるべきか悩んだときの対処法


ここからは今の仕事を続けるべきか悩んだときの対処法について解説します。
 
今の職場を辞めたいと考えているのであれば、ぜひ参考にしてみてください。
 

悩みの原因を考える

最も大切なことは、悩みの原因を考えることです。
 
なぜ、今の職場を辞めたいと感じているのか、その本当の理由を真剣に考えてみましょう。
 
会社を辞めなくても、解決できるケースもあるからです。
 
例えば、上司と性格が合わなくて悩んでいるのであれば、人事部に相談して異動させてもらうこともできます。
 
すぐに退職を決意するのではなく、まずは悩みの原因を明確にしてみましょう。
 

期限を決めて頑張る

今の仕事を続けるべきか悩んだときの対処法として2つ目に挙げるのが、期限を決めて頑張ってみることです。
 
例えば、これから3ヶ月は、懸命に仕事に取り組んでみるのです。
 
そうすることで、今までは感じることのなかった、仕事の楽しさや面白さを発見できることがあります。
 
そうなれば、今の職場を辞めたいという考えも変わるかもしれません。
 

キャリアプランを考える

自分のキャリアプランを考えることも大切です。
 
この先、どのような仕事で、どのように働いていくのかを長期的に考えてみてください。
 
「辞めたくなったから」と言って簡単に仕事を辞めていては、キャリアを積み上げていくことはできません。キャリアアップを視野に入れながら、長期的に考えることを忘れないようにしてください。
 

精神的な問題が出ないか判断する

そして、精神的な問題が出ないか判断することも非常に大切です。
 
今の職場を辞めたいと考えているのであれば、精神的なストレスを抱えているケースが多いからです。
 
精神的なストレスが積み重なり、うつ病などの病気にかかる社会人もいるほど。
 
仕事で悩んでいるときは、精神的な問題が出ないかを冷静に判断しましょう。
 

転職を決断する

今の仕事を続けるべきか悩んだときの対処法として最後に挙げるのが、転職を決断することです。
 
合わない職場で嫌々働き続けるのは、あなたにとって時間の無駄かもしれません。
 
転職は自分に合ったよりよい職場を見つけるための手段です。続けるかどうかを悩みながら働いているのであれば、さっさと転職することを決断してしまいましょう。
 
 

失敗しない転職の進め方


ここまで、今の仕事を続けるべきか悩んだときの対処法について解説してきました。
 
そして、ここからは次の職場をスムーズに見つけるべく、失敗しないための転職の進め方について解説していきます。
                                   

自己分析を行なう

転職で失敗しないためには、自己分析を念入りに行なうことが大切です。
 
なぜなら、自分に適した仕事、本当にやりたい仕事が分かっていないと理想の仕事が見つからないからです。
 
また、今の職場を辞めたくなった理由から、自分の弱みを把握しておくことも大切です。
 
そうすることで、より自分に適した職場を見つけることができるでしょう。
 

友人・知人に相談する

また、友人や知人に相談することも、転職で失敗しないための大きなポイントです。
 
自分1人で悩んでいると、どうしても考え方に偏りができてしまうからです。
 
客観的な意見をもらうために、友人や知人に積極的に相談しましょう。
 
さらに、友人や知人に、あなた自身の仕事における強みや弱みを聞いてみましょう。
 
そうすることで、自己分析の大きな手助けになります。
 
気軽に相談できる友人がいることは、転職を進めるうえで非常に有利なのです。
 
【関連記事】仕事の悩みを相談したい|よくある悩みと主な相談先まとめ
 

ハローワークを活用する

転職で失敗しないためには、ハローワークを活用することもポイントです。
 
ハローワークとは、厚生労働省の運営による公的な職業紹介所で、求職者は無料で利用することができます。
 
その地域の求人が多いのが特徴で、職員があなたの希望に合った求人情報を紹介してくれます。
 
さらに、面接対策や職務経歴書の書き方などのアドバイスも受けることができます。
 
【関連記事】転職にハローワークは使えない?ハロワのメリットと最大限活用する方法
 

転職エージェントを活用する

転職エージェントを活用するのも、転職で失敗しないための大きなポイントです。
 
転職エージェントには膨大な数の求人情報があるため、あなたが理想とする会社を見つけやすいのです。
 
また、転職エージェントでは、転職のプロフェッショナルであるキャリアアドバイザーのさまざまな支援サービスを受けることができます。
 
例えば、職務経歴書の添削をしてくれたり、自己分析のサポートをしてくれたりします。
 
さらに、多くの転職エージェントでは、このような転職支援サービスを無料で提供しているのです。
 
転職エージェントを活用することで、転職で失敗する確率を大きく下げることができるでしょう。
 
【関連記事】
転職エージェントを利用するメリットとデメリットの全知識
転職エージェントに効率よく相談するコツとおすすめの相談先
転職を絶対成功させたい人必見|活用すべき転職エージェント5選
 

まとめ

この記事では今の仕事を続けるべきか悩んだときの対処法と、失敗しないための転職活動の進め方について説明してきました。
 
ここで解説したポイントを押さえれば、転職活動は難しくはありません。
 
転職を成功させて、ぜひ理想の仕事を手に入れてください。

Pc_tool_head
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc_tool_btn
編集部

本記事はキャリズムを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※キャリズムに掲載される記事は転職エージェントが執筆したものではありません。
株式会社アシロでは、執筆いただけるライターを募集しております。応募はこちらから

業界別 転職のすすめに関する新着コラム

業界別 転職のすすめに関する人気のコラム


業界別 転職のすすめコラム一覧へ戻る