あなたにぴったりな転職エージェントが見つかる
エージェント検索 人気ランキング 転職コラム
 > 
 > 
 > 
働きながらの転職は難しい?辞めてから転職すべきか徹底検証
キーワードからコラムを探す
提携サイト一覧
Office info 76 Office info 106 Office info 176 Office info 116 Office info 406
Ranking agent btn

働きながらの転職は難しい?辞めてから転職すべきか徹底検証

Pixta 17333051 s

転職をするためにはまず、転職の方法を熟知しなくてはいけません。転職する方法は大きく分けると『働きながら転職活動』『辞めてから転職活動』の2つがあり、どちらを選択するかは重要なポイントです。
 

ご自身に適していない方法で転職活動をしてしまうと、希望の会社に転職できる可能性を低めてしまったり、ご自身の精神に大きな負担をかけてしまったりするからです。


それぞれのメリットとデメリットをしっかりと理解することができれば、自分に合った正しい判断ができるでしょう。
 

 

メリット

デメリット

働きながら転職

・生活への不安に苦しまなくてすむ

・理想の求人を待ち続けられる

・転職を見送れる

・税金などの手続きを会社に任せられる

・ブランクを作らずにすむ

・転職活動に十分な時間を費やせない

・面接を受けるときには会社を休む必要が出てくる

・緊急の求人に対応できない

辞めてから転職

・時間的・精神的にゆとりを持って生活できる

・急な募集に対応できる

・落ち着いて自己分析ができる

・職場へ気を使う必要がない

・スキルや資格の勉強をしてから転職できる

・生活への不安がつきまとう

・妥協してしまいがち

・ブランクができてしまう

・税金などの手続きが面倒


では、細かく解説します。


 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off

働きながら転職活動は無理?メリットとデメリット

まずは働きながら転職活動するメリットについてそれぞれ確認しておきましょう

 

働きながら転職活動をするメリット

収入が途絶えない

働きながら転職活動をすれば、収入が途絶えることはありません。転職活動にあたってはいろいろと費用がかかりますので、安定的に収入が入ることは大きなメリットになります。


ちなみに、転職活動における費用については、以下が挙げられます。
 

  • 交通費(選考先までの電車代、バス代など)
  • 提出書類の準備費用(履歴書や職務経歴書など)
  • 選考試験対策費(面接対策本や筆記試験対策本の費用など)


交通費は面接に行く企業が多くなればなるほど必要になりますし、履歴書なども手書きであれば応募する企業の数だけ必要になるため、お金がかかります。他にも生活費などがかかることを考えれば、安定した収入があるほうが焦らずに転職活動できるでしょう。

 

働かない空白期間をつくらずに済む

働きながら転職先が決まれば、職務経歴上の空白期間をつくらずに、新たな企業でキャリアを積むことができます。一般的に、空白期間をつくることはマイナスとされていますので、それを防げるというのは大きなメリットです。
 

ブランクがあると、転職希望先の採用係に悪い印象を与えてしまう可能性があります。
 

  • 「こんなにブランクがあるってことはどこからも内定もらえていないのかな?」
  • 「ブランクのうちに勘が鈍っている可能性がありそうだな」


働きながら転職活動をすれば、ブランクがないため、こういった印象を与える可能性は低くなるでしょう。

 

理想の求人を待ち続けられる

よい求人情報がいつ出されるかは誰にもわかりません。そのため、よい求人と巡り合うためには、長く待ち続けることが必要になる場合があります。


仕事を辞めてしまったら収入がないため、待ち続けるのは難しいでしょう。一方、働きながら転職活動している場合は、長く待ち続けることが可能です。


結果、理想の求人に巡り合える可能性が高まります。

 

転職への投資ができる

転職するならば、いまよりもよい条件の会社に入社したいですよね。しかし、それにはお金がかかる場合もあります。

 

  • 資格の勉強をするための教材費
  • いろいろな会社を見て回るための交通費


よい会社に転職するためには、投資費用が必要不可欠です。働きながら転職活動をすれば、収入があるので、投資に回せる費用が多くなり、よい会社に転職できる可能性が高まります。

 

よい転職先が見つからないとき転職を見送れる

  • 転職活動をしたものの、納得のいく会社が見つからない
  • 転職活動をしているが、内定をもらえない

このようなことは普通に起こりえます。会社を辞めてしまっている場合、どうしようもないので、妥協できる会社に転職するしかありませんが、辞めていないならば、そのまま今の会社にい続けることも可能です。
 

税金や健康保険などの手続きを会社に任せられる

退職後の転職の場合、税金の支払いや健康保険の切り替え手続きなどを、自分自身でやらなければなりません。そして、転職先が見つかったら、その保険を解約して、新しい保険に加入する必要があります。
 

加えて、退職の時期が悪い場合には、ご自身で税金の手続きをする必要が生じる可能性があります。非常に面倒ですよね。


働きながら転職活動をする場合、転職先がさまざまな手続きをしてくれますので、手間を減らすことができます。会社に所属しながらの転職ならば、会社側がこういった手続きを行ってくれるため、面倒なことをしなくてすみます。

 

働きながら転職活動をするデメリット

働きながらの転職活動はメリットばかりとは言えません。場合によっては、普段の業務に支障が出たりすることもあるため、デメリットについてもしっかり把握しておきましょう。

 

転職活動に十分な時間を費やせない

通常業務をこなしながら、空いた時間に転職活動をすることになりますので、とても忙しくなります。土日や祝日をも使っての転職活動になるでしょうから、肉体的にもきついかもしれません。


また、平日にかけられる時間が短いため、すぐに転職先が見つからなければ、全体の転職活動の期間も長くなる可能性が高いといえます。


そうした転職活動によるストレスの蓄積も予想されるため、体調管理などにも気を配っておきたいところです。

 

スケジュール調整が難しい

面接の日程は企業側の都合によりますが、勤務日と被ってしまった場合、選考を受けることは難しくなります。また、複数の企業の選考を受けている場合、面接日が重なってしまうこともあります。


急な日程の変更は、「ウチ以外の会社が本命なのかな?」といった印象を与えてしまうこともあるため、連絡する際は気をつけたほうがよいでしょう。ただ、選考先の企業が気を利かせてくれることも多く、複数の日程から選ばせてくれるケースも珍しくありません。
 

面接を受けるときには会社を休む必要が出てくる

転職希望先の面接を受ける際、多くのケースではお昼に面接を受けることになるでしょう。働きながらの転職の場合、お昼の面接を受けるために有給を取得する必要が出てくるかもしれません。


会社がいつも忙しくて休みを取得できない場合、転職活動が難航する可能性があります。

 

緊急の求人に対応できない

長い期間に渡って求人募集を行っている会社もあれば、急に短期間の求人募集を始める会社もあります。働きながら転職活動を行なっている場合、このような急な求人募集に対応できないケースが多いです。

【関連記事】
転職活動を始めるベストな時期はいつ?失敗しないための転職術
女性の転職に適した時期はいつ?転職活動で押さえたい3つのポイント
転職先の入社時期を決めるときのコツ|延期が必要な場合にすべきこと

 

仕事を辞めてから転職活動するメリットとデメリット

仕事を辞めてから転職活動を始めるメリット

時間的・精神的にゆとりを持って生活できる

仕事を辞めてから転職活動をする場合、持っている時間のすべてを転職活動に費やすことができます。仕事に割く時間がゼロになるため、時間的・精神的ゆとりにつながります。


面接する側としても、じっくりと企業分析をしてから面接に来てもらいたいものです。そういった意味でも、時間にゆとりをつくることは、転職の有利な条件につながる可能性もあります。

 

急な募集に対応できる

好条件な仕事の求人募集が急にかけられることもあります。辞めてから転職活動をしている場合、このような募集にも応募できます。結果、よい会社に就職できる可能性が高まります。

 

落ち着いて自己分析ができる

精神的にゆとりがないときに自己分析をしても、目先の願望ばかりを優先してしまい、ご自身でもまだ気づいていない“理想の条件”に気づけず、新しい職場に転職してしまう可能性があります。


その場合、

  • 「たしかに前職よりも条件はよくなったけど、仕事がつまらない」
  • 「自分が思った仕事となんか違うんだよな」

などのように、転職した後に不満が出てくることでしょう。


目先の願望を叶えるための転職もよいかもしれませんが、長い目で見てご自身が納得できる仕事を選ぶことが大切です。そのためには落ち着いて自己分析することが必要になり、それは仕事を辞めて時間ができてからでないと、難しいかもしれません。

 

職場へ気を使う必要がない

仕事をしながら転職活動をする場合、面接時や会社説明会のときには休暇や早退、遅刻する必要が生じるため、会社に負担をかけることになります。

 

  • 「来週の火曜日お休みをください」
  • 「今週の金曜日、早退してもよろしいでしょうか」


上司に許可を取るのも気を使いますよね。会社が忙しいならばなおさらです。仕事を辞めてからの転職活動なら会社に気を使う必要がないため、精神的に非常に楽になります。

 

スキルや資格の勉強をしてから転職できる

スキルを習得したり、資格を取得してから転職すると、転職活動がよりスムーズに進む可能性があります。


転職は、現時点で持っている能力と実績を転職希望先に売り込む活動です。そのため、転職希望先が欲しがる能力・実績を多く持っているほど有利になります。相手が欲しがるスキル(能力)を身に着ければ、転職活動がよりスムーズになるということですね。


ただし、能力と実績を持っているだけでは十分でなく、うまく転職希望先に示せなくてはいけません。その際、資格の取得が役に立ちます。資格は「私はこのスキルを持っていますよ」と示すものだからです。


仕事を辞めて時間があるときに、スキルを身に着けて、資格を取得するのもよいでしょう。

 

仕事を辞めてから転職活動を始めるデメリット

生活への不安がつきまとう

仕事を辞めるので、収入がゼロになる人がほとんどでしょう。しばらく貯蓄や失業保険で生活をしていかなくてはいけません。どうしても、生活への不安がつきまとってしまうでしょう。

 

妥協してしまいがち

転職活動が長引けば長引くほど、生活の不安が高まり、精神的負担も大きくなります。

人間はずっと辛い状況にいることに耐えられない動物です。そのため、次第に理想が低くなり、本来希望していた条件を諦め、転職できそうなところに転職することになる可能性もあります。


短期間に結果を出せなかった場合、上記のように転職先の妥協に走ることになるかもしれません。

 

ブランクができてしまう

転職先が決まらずに仕事を辞めるとブランクができます。転職活動が難航すればするほどブランクはどんどん大きくなっていきます。


ブランクが大きい人が面接に来たとき、採用者は何を思うでしょうか。『ブランクが大きい=他の会社では必要とされてこなかった』と考えられる可能性も当然あります。「他の会社が必要としなかった人間を採用しても…」と判断されることも十分考えられます。


ブランクが悪い影響を及ぼす可能性があることを念頭に置いておきましょう。

 

税金などの手続きが面倒

退職してから新しい会社に入るまでの期間が空くと、国民健康保険や税金の手続きをご自身で行う必要が生じる場合があります。その場合、税務署に電話したり、市役所に届け出たりと面倒なことをしなくてはいけません。

 

働きながらの転職活動には転職エージェントがおすすめ

転職エージェントのサービスを利用すれば、転職のプロがパートナーとしてついてくれます。求人の紹介や履歴書の添削、スケジュールの管理など、いろいろな面で協力してくれる存在なため、転職を希望する人にとっては非常にありがたいサービスです。
 

特に働きながらの場合、転職活動の時間を作るだけでも大変ですので、企業との面接の日程を調節してくれたり、求人を紹介してもらえたりするのは助かりますよね。


転職のための準備や対策を自分1人で行なうよりも、転職エージェントの協力を得ながらのほうが楽なため、ぜひ活用することをおすすめします。


【関連記事】
転職エージェントを利用するメリットとデメリットの全知識
転職を絶対成功させたい人必見|活用すべき転職エージェント5選


 

働きながら転職活動する場合の注意点3つ

働きながら転職活動をする場合、現在の仕事に影響が出ないようにすることは大切です。気持ちよく会社を辞め、次の仕事に切り替えることができるようにするためにも、転職活動中の注意点について知っておきましょう。
 

転職活動のことは社内の人間に伝えないほうがいい

転職の話を同じ職場内の人にしてしまうと、あっという間に広まってしまう可能性があります。組織としても、裏で転職活動をしている社員を良くは思わないため、仕事を続けづらい状況になってしまうかもしれません。
 

そのため、職場内で転職の話はしないようにしましょう。

 

仕事はしっかりこなす必要がある

転職活動をしているからといって、現時点で担当している仕事を疎かにしてはいけません。


辞める予定であっても、まだ籍はありますし、給与をもらっている立場です。気の抜けた仕事をして周りに迷惑をかけないよう注意しましょう。


しっかり仕事をこなしておけば、仮に転職活動に失敗しても、またその会社で受け入れてもらえるかもしれません。そのため、転職活動とは別に、きちんと仕事をこなせるよう努力する必要があるのです。

 

退職の手続きは前もって進めておく

会社を辞める場合、業務の引継ぎや後任の選定などのことを考慮すると、2〜3ヶ月前に伝えておきたいところ。法律では、退職を伝えてから2週間を経過すれば辞められるとはいえ、あまりにもギリギリすぎると、周りに多大な迷惑をかけてしまいます。


最低でも1か月前には伝えておくとよいですね。


また、退職の意思を伝える際は、直属の上司に対して行ないましょう。ただ、いきなり上司のデスクに行き、唐突に退職の意思を伝えるのは、配慮に欠けた行為ですし、上司がビックリしてしまうかもしれません。

そのため、1対1で話し合う場を作ってもらい、そのときに伝えることが大切です。引継ぎをする際も自分が担当していた業務のマニュアルを作るなど、可能な限り配慮しましょう。


【関連記事】
面接の転職理由で本音を伝えていいケースと駄目なケース
仕事ができないから辞めたい!と感じたときの3つの対処法


 

まとめ

この記事では、転職するための方法として『働きながら転職』『辞めてから転職』の2つをお伝えしました。それぞれのメリット・デメリットは以下の通りです。
 

 

メリット

デメリット

働きながら転職

・生活への不安に苦しまなくてすむ

・理想の求人を待ち続けられる

・転職を見送れる

・税金などの手続きを会社に任せられる

・ブランクを作らずにすむ

・転職活動に十分な時間を費やせない

・面接を受けるときには会社を休む必要が出てくる

・緊急の求人に対応できない

辞めてから転職

・時間的・精神的にゆとりを持って生活できる

・急な募集に対応できる

・落ち着いて自己分析ができる

・職場へ気を使う必要がない

・スキルや資格の勉強をしてから転職できる

・生活への不安がつきまとう

・妥協してしまいがち

・ブランクができてしまう

・税金などの手続きが面倒


また、そもそも辞めたいと言えない場合もあると思います。

その場合には【仕事辞めたいけど言えない】をご覧になると、解決の糸口が見つかるでしょう。


勤め続けるのが辛い会社にずっと勤めていると、精神的な病気になってしまう可能性があります。

病気になってしまうと、面接時に元気を感じられなくなってしまったり、面接などに向かう元気もなくなってしまったりして、転職活動どころではなくなってしまうかもれません。


辛い仕事を辞めるのは悪いことではありません。

むしろ、次に進むために必要なものです。仕事を辞めることに抵抗のある方は以下の記事をご覧になることをおすすめします。

 
Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off
編集部

本記事はキャリズムを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※キャリズムに掲載される記事は転職エージェントが執筆したものではありません。
株式会社アシロでは、執筆いただけるライターを募集しております。応募はこちらから

転職活動の流れに関する新着コラム

転職活動の流れに関する人気のコラム


転職活動の流れコラム一覧へ戻る