あなたにぴったりな転職エージェントが見つかる
エージェント検索 人気ランキング 転職コラム
 > 
 > 
 > 
【2019年最新版】仕事辞めたい理由トップ10をランキングで紹介
キーワードからコラムを探す
提携サイト一覧
Office info 75 Office info 105 Office info 175 Office info 115 Office info 165 Office info 85 Office info 225 Office info 375 Office info 335 Office info 95
Ranking agent btn

【2019年最新版】仕事辞めたい理由トップ10をランキングで紹介

キャリズム編集部
監修記事
%e4%bb%95%e4%ba%8b%e3%82%84%e3%82%81%e3%81%9f%e3%81%84

仕事を辞めたいと考えている人は、どのような理由で退職を考え始めるのでしょうか。他人の退職理由はとても気になりますよね。
 

仕事を辞めたい理由はいくらでもあるのに、なんだかんだ言い訳をしてしまい、辞められない方も多いのではないでしょうか。

 

辞めたいと思ったときに辞められない方は、せっかく良い求人を見つけてもタイミングを逃して転職できなかったり、我慢し続けた結果、体調を壊してしまったりします。

 

転職は、始めるまでのハードルは高いですが、始めてしまえばどうとでもなるものです。本記事では、仕事を辞めたい人の理由をランキング形式で紹介していきます。

 

「自分だけが根性がないのでは?」「甘えなの?」と落ち込み方もいらっしゃるかもしれませんが、意外と多くの人が転職問題で悩んでいるようです。仕事を辞めたい理由と、円満退社をする方法について考えてみましょう。

 

さらに、退職理由の上手な伝え方についても解説していきます。長い人生、『仕事の見切り時期」も大事ですから、転職を考えている人はぜひ参考にしてください。

 

 

 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off

2018年最新版|仕事を辞めたい人の理由ランキング

『エンジャパン』が2018年2月26日〜2018年3月27日にかけて実施した、退職理由に関するアンケートによると、「 退職を考え始めたきっかけを教えてください。」に対する結果は以下のようになっています。
 

https://lh5.googleusercontent.com/lEY3lMzdXBU-TSTY0xLo-Cv0c51E_ad1Fm_aZbNGZXv7iwu10h3c8DO0UAeDN3bBXL4JD3UUkFFZqs_yvEGU_ePAeLLOWFL6I7HNu-x_sdyjmxHEe7_kVdTLXI-XA9WsfwK0G0ua

引用元:退職理由について|エン転職

 

『体調を壊した』『結婚・家庭の事情』などのどうしようもない理由はもちろん、『給与に対する不満』『仕事にやりがいを感じない』なども、立派な退職理由です。下記でいくつか体験談を紹介しますので、仕事を辞めるか悩んでいる方は参考にしてみてください。

 

第1位|給料が低かった

退職を考え始めた理由として、20代から40代を見ても圧倒的に多かったのが「給料の低さ」です。

やはり、給料が低いと満足度が下がり、転職を考え始める人が多いようです。あなたも一度は、給料に不満を感じたことがあるのではないでしょうか。

 

特に働き盛りの30代の給料やボーナスなどの報酬は、仕事に対するモチベーションの源になります。そのため、給料に対する満足度が低ければ、その職場を退職したくなるのは当然のこと。
 

ちょうど結婚する時期でもありますし、日々の生活費でいっぱいいっぱいだと、貯金もできないでしょう。趣味やちょっとした贅沢に使うお金も必要です。あまりに給与が少ないと、何のために仕事をしているのかわからなくなりますよね。

 

たとえ、やりがいがある仕事でも、給与が低ければ続けるのは難しくなってくるでしょう。もちろん仕事は給料が全てではありませんが、あまりにも給料が低すぎると辞めたくなる気持ちもわかります。

 

給与明細がない、不透明な賃金事情も多い

給与が低かったと回答した方の中には、給与明細がない、残業代が支払われない、休日出勤なのどの手当もない、という意見も目立ちました。

 

給与が低かったと回答された方

給与明細が来ない。残業代・出張費はつけると聞かされていたがきちんとついていない。業績が良くないと事前に説明なく給与が減る。賞与も事前の説明なく突然カットされる。

(いっしーさん/29歳/奈良県)

 

残業代、休日出勤手当の支給が無い。

(ひろさん/35歳/千葉県)

 

給料未払い・パワハラ発言・家賃滞納・オーナーの不祥事。

(れいさん/33歳/埼玉県)

引用元:退職理由について|エン転職

 

仕事辞めたい人の嘆き

給料を30%カットされた(製造/34歳男性)

残業手当もボーナスもない。時給換算したら、近所のコンビニバイトのほうが上だった……(SE/24歳男性)

どんなに遠くても、通勤手当が月100円(インストラクター/35歳女性)

隣の席で居眠りをしている人と、終電帰りの自分が同じ給料(Webディレクター/30歳男性)

自社ブランドの服をたくさん買わなければならず、生活が苦しい。好きだったオシャレも楽しめなくなった(アパレル販売/24歳女性)

引用元:「仕事辞めたい」7つの理由 仕事が合わない、苦痛、やる気が出ない…… リアル対処法 | マイナビ転職

 

給料の未払いはもちろん、残業代の支給がないというのも違法である可能性が極めて高いので、もしそういった事情にある方は、労働問題に詳しい弁護士などに一度相談されることをおすすめします。

【外部サイト】労働問題が得意な弁護士を探せる|労働問題弁護士ナビ

 

第2位|やりがい・達成感を感じないから

どれほど頑張って成果を残しても正当に評価されない、人事制度に対する不満です。特に男性は人生≒人生といえるほどですから、正当な評価をされない、雑務ばかりやらされているとなれば、仕事を続けようとは思えないですよね。

特に昇進や昇給昇級に関する評価制度は、長期的に働いていく上で大きな要素です。

しかし、評価制度が不透明であったり、上司の太鼓持ちが上手いだけの人が昇進したりする会社もないわけではありません。

 

会社の制度そのものに問題があるため、1人で不満を訴えたところで改善されることもなく、仕事を辞めたいと感じても仕方ないでしょう。

 

第3位|企業の将来性に疑問を感じたから

業界や会社の将来が不安になったという内容です。

会社の業績があまりにも悪く、将来性に不安を感じて退職を決意したり、法律違反スレスレの行為が横行していたり、または完全に違反を犯している場合もあります。

 

今やどんな業界にいても、絶対安心と言い切ることはできません。会社を背負って立つくらいの気概があれば、たとえ今の会社が倒産したとしても、どこの会社でも通用します。


外から見ると、業績良いし、将来も安泰だなと思うかもしれないけど、実情はかなりやばい場合、周囲に相談してもなかなか理解されずに、辞めるなんてもったいないといわれがちです。

 

実際の労働に見合った給料がもらえないのであれば、退職を考えるのは当然ですよね。

 

周りの方は、あなたの人生に対する責任なんて負ってくれません。逃げ遅れてしまう前に、辞めるのが良いかと思います。

 

第4位|人間関係が悪かったから

会社の上司や同僚との関係性が悪く、働きづらくなり退職を決意するパターンです。仕事にやりがいがあっても、上司や同僚との人間関係に問題があると、働き続けるのは難しいもの。

 

やはり、組織で働くうえで、周囲のメンバーとの人間関係は重要です。無理に我慢しているくらいなら、仕事を辞めてしまったほうがよいでしょう。

 

たとえ、仕事がうまくいっていたとしても、それが上司に評価されなかったり、同僚から嫌われていたりしたら非常に働きづらいですよね。

実際に上司のパワハラに耐えられなくて退職する人も多いようです。

 

人間関係が悪かったと回答された方

直属の上司からストーカー行為を受けた。(ダイゴロウさん/32歳/大阪府)

パワハラ 上司からの罵倒や暴言。(kayaさん/31歳/愛知県)

プライベートのメールの内容を読まれ、その内容について仕事中に言われた為。(チョコレートさん/30歳/神奈川県)

引用元:「仕事辞めたい」7つの理由 仕事が合わない、苦痛、やる気が出ない…… リアル対処法 | マイナビ転職

 

パワハラやセクハラも人間関係のトラブルです。加害者が悪いにもかかわらず、被害者側から解決に持っていくのは簡単ではありません。

 

また、後述しますが、本音のところでいくと人間関係が原因で転職する人は多いようです。人間関係に悩みやすい人は、感情のアップダウンが激しい人に多く、感情のコントロールがうまくできる人は、ある程度良好な人間関係を保てるようです。
 

第5位|残業や休日出勤など拘束時間が長かったから

次に多かったのが、残業や休日出勤が多いという理由です。いくら好きな仕事であったとしても、残業や休日出勤が多ければ満足度は下がるものです。

 

そのため、多くの人が退職を決意するのでしょう。平日の残業や休日出勤が多いと、自分の時間がほとんど持てなくなります。そうなると、精神的にも疲れて体調を崩してしまう可能性も。

 

拘束時間が長い過酷な労働からは、我慢せずにすぐに離れたほうが得策かもしれません。

 

睡眠不足によるうつの発症

とくに睡眠不足は、肥満や生活習慣病などの原因になるだけでなく、記憶力や集中力の低下にもつながるため、無理すればするほど、仕事に悪影響を及ぼします。肉体的・精神的な疲れが溜まっていき、限界を迎えたころには、うつ病や過労死ということになりかねません。

 

過剰な休日出勤

  • 「残業が多すぎる」
  • 「土日・祝日が休めず休日が少ない」
  • 「会社の評価が労働時間に見合わない」など

 

明らかにブラック企業と思われる場合は、体調が心配です。前向きに考えれば、そのような状況で我慢して働いてきたこと自体が、1つのスキルとも言えます。

 

ただ、いくら好きな仕事であったとしても、残業や休日出勤が多ければ満足度は下がるものです。そのため、多くの人が退職を決意するのでしょう。

 

平日の残業や休日出勤が多いと、自分の時間がほとんど持てなくなります。

 

そうなると、精神的にも疲れて体調を崩してしまう可能性も。拘束時間が長い過酷な労働からは、我慢せずにすぐに離れたほうが得策かもしれません。

 

第6位から第10位

  • 第6位:評価・人事制度に不満があった
  • 第7位:自分の成長が止まった・成長感がない
  • 第8位:社風や風土が合わなかった
  • 第9位:体調を壊した
  • 第10位:やりたい仕事ではなかった

 

仕事へのやりがいや達成感でも一部登場していた「評価・人事制度に不満」が第1とした回答が6位に登場。そのほか、自分の成長が止まってしまったと感じていたり、社風や風土が合わなかったり、体調を壊してしまったなどの理由がランクイン。

 

下記に主な理由をご紹介します。

 

評価・人事制度に不満があったと回答された方

具体的なキャリアアップが制度化されていない。(きょんさん/22歳/東京都)

賞与が貰えなかった。(おつかれさん/33歳/東京都)

不利益な人事制度改定のため。(マルケスさん/34歳/福岡県)

 

自分の成長が止まった・成長感がないと回答された方

暇な時間が多すぎた。(ebi_さん/32歳/埼玉県)

現在の仕事では得られないスキルがほしい。(みやあさん/31歳/東京都)

スキルアップのため、留学したくなった。(yuppuさん/32歳/愛知県)

 

社風や風土が合わなかったと回答された方

オーナー会社の為、鶴の一声、理不尽や思い付き気分に本社全体が振り回される。(あいさん/32歳/千葉県)

トップの考えが合わない、振り回されていると感じた(にゃおにゃおさん/24歳/京都府)

先輩後輩の上下関係が強く、担当ではない別の部署の業務も当然のように回ってくる。その事実を担当部署の上席者は認識しているが先輩だから我慢しろと言われる。明らかに組織として成り立っていない。

(そねさん/35歳/沖縄県)

引用元:「仕事辞めたい」7つの理由 仕事が合わない、苦痛、やる気が出ない…… リアル対処法 | マイナビ転職

 

クラウドソーシングで業務を依頼していた際、代表のクレジットカードが突然のストップ。口座振替は面倒だけど、お金が払えないということで、個人のクレジットで経費精算をしていた時期がありました。

経費建て替え自体は良いのですが、額が150万円を超える自体に。払ったとはいえ経費なので当然ながら会社に請求、しかし、待てども一向に支払われず、返って来たと思ったら3万円を毎月支払うという謎の扱いを受けました。(たかさん/30歳/東京都)

 

 

仕事辞めたい理由のホンネ|実は人間関係が一番多い?

下記はエンジャパンが実施した『退職理由のホンネとタテマエ』に関するアンケートの結果です。会社に伝えた理由としては家庭の事情が筆頭とされる「一身上の都合」ですが、本当の退職理由として「人間関係」をあげているという結果が出ています。

 

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/tenshoku-prod2/ckeditor_assets/pictures/996/content_1119_20160222_%E3%83%9F%E3%82%AB%E3%82%BF2-thumb-605xauto-3898.png

引用元:エンジャパン|退職理由のホンネとタテマエ 会社に伝えた退職理由は「家庭の都合」、実際は…?

 

理由ランキングの上位にいた『給与面』『仕事内容』『将来性』『人事評価』などが、いかに建前だったかがわかります。


 

 

 

仕事を辞めるのはいつでもできる|辞める前に考えて欲しいこと

仕事を辞める方の多くは職場の人間関係トラブルによるものがわかりました。

 

このご時世、転職に踏み切るのは簡単ですが、人間関係を改善すれば今よりも楽に過ごせる可能性も高いですから、少しでも人間関係を円滑にするためコツについてお伝えします。

 

まずは身近な上司・同僚に相談しよう

職場に一人でも信頼できる人がいるのなら、相談するようにしてみましょう。ただ相手を間違えてしまうと尾ひれがついてしまう恐れもありますので、口が堅く、約束を守れるような相手かどうか見極めたうえで、相談をするのがおすすめです。

 

相談をした上で、時には部署替えを打診するのも良いでしょう。


 

 

 

人事部や役員などに掛け合う

人事部や役員などの会社上層の人に相談するのも有効です。会社には社内通報窓口が設置されていれば、それを使うことで直接上場部に連絡することが可能です。

現場で起きていることを経営陣は詳細まで把握できていないケースは多いため、こういった制度を利用することで会社が問題を認識し、動いてくれる可能性があります。

 

必要最低限の付き合いをしてみる

関わることが多くなるほど、人間関係のストレスは多くなるもの。最低限の付き合い方をすることで職場の人間関係で溜まるストレスは少なくできるはずです。
 

  • 「仕事終わりの飲み会に毎回誘われる」
  • 「いちいち断るのも面倒」 など

 

最初は何度も誘われるかもしれませんが、回数を重ねれば誘われることも少なくなるはずです。

コミュニケーションを少なくしてしまうことは、さらなる人間関係の悪化につながる可能性もゼロではありませんが、さじ加減が適正なら、結果として人間関係がうまくいきやすいものです。

 

人間関係が悪い原因を探す|話し方を変えてみる

人間関係が悪い本当の原因を探すのも良いでしょう。社内でいじめなどがあれば話は別ですが、そうではない場合もたくさんあります。
 

 

  • 仕事でかけた迷惑が原因であなたのことを嫌っている
  • 直接のコミュニケーションが少ない職場なため、根拠のない噂話などで誤解が生まれている

 

人間関係のトラブルは人の悪意ではなく、無自覚、思いやりのない発言から始まることも多いものです。改善の第一歩はまず自分の発言を振り返って見ることも重要なポイントです。

 

自分の考え方を変えてみる

自分の考え方を変える努力をすることも有効です。例えば、「陰口を言っているAさんって本当に嫌だ。」を「Aさんは寂しがり屋で、誰かにかまってほしいだけなんだ」といった具合です。

 

周りの人を変えることは難しい場合もありますから、『自分の考えを変える』という選択肢も視野にいれてみてはいかがでしょうか。

 

自分を客観視するのも大事

いったん仕事が嫌になると、何もかもが嫌になり不満がどんどん増えてきます。冷静になって客観的に自分自身を見つめ直す時間をとることも大事です。

 

会社側だけに問題があるのではなく、自分にも問題があることに気づくに違いありません。

 

そのうえで、在職中に今までにやってきた仕事に加え、これからつきたい仕事に有利な資格や興味のある資格にチャレンジすると、転職先へのアピール材料になります。

 

給料の3ヵ月分は貯蓄しておく

次の転職先を決めずに辞める場合は、ある程度貯蓄がなければ転職活動に焦りが出て、現在よりも条件が悪いところに就職してしまうことになってしまいがちです。

 

少なくとも、給料の3ヵ月分の貯蓄を確保しておきましょう。仕事を辞める際は、退職の理由を考えるとともに、次の転職先をあらかじめ決めておくと、金銭的にも精神的にも余裕が持てます。


 

 

 

職場環境が改善しなければ仕事を辞めて転職しよう

原因の解決が難しい場合は、仕事を辞める決断も重要です。そのような場合は、転職など、新しい職場に目を向けるのもひとつの手段です。

 

基本的に仕事を辞めてはいけない理由はありません。法律の上では退職届を出した後、2週間で退職できます。労働契約を交わした際に、例えば1ヶ月と定められていた場合は、それに従った方が無難ではあります。

 

職場にあなたを引き止められる法的根拠はないので安心して退職しましょう。


 

 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off

 

上司も納得?円満退職につながる理由の例

ここからは上司を納得させるための退職理由の伝え方について解説します。退職理由をどのように伝えるかは、円満退職を実現するための大きなポイントです。

 

「ほかにやりたい仕事がある」はマイナス理由ではない

漠然と「他にやりたいことがあるから今の仕事を辞める」のではなくて、「具体的にやりたい仕事が見つかった」というのはマイナスな退職理由ではありません。

 

転職をくり返すことでスキルアップし、収入を増やす人もいますが、転職をして後悔をする人もいます。後悔する人の多くは、「ほかにやりたい仕事」が明確にされていないからです。

 

不満を言わない

どうせ辞めるからと、今まで思っていた愚痴や不満を言うと、後味が悪くなるばかりです。むしろ、「義務は果たしてから辞めます。」とはっきり宣言して仕事を引き継ぎ、顧客への対応などをきちんとしておくことで、円満に退職することができます。

 

現職で実績をつくることは、転職先で有利に働きます。ほとんどの企業は採用の際、前の会社での貢献度を重視するため、会社を辞めるその日まで不平不満を口に出さず、実直に勤めることが大切です。

 

ネガティブな内容は避けるのが無難

まず、退職理由の基本は、「給料が少ないから」「人間関係がイヤになった」というようなネガティブな内容を避け、前向きな内容にすることです。


実際はネガティブな理由であっても、「キャリアアップのため」「やりたい仕事が見つかった」というように前向きな内容になるように表現を工夫しましょう。

 

建前と嘘は違う

全てを本音で話す必要もないことを覚えておきましょう。大切なことは上司や会社が納得する理由を伝えることです。そのため、ときには建前も必要なのです。


例えば、「職場の人事制度に納得がいかない」というような本音を正直に伝えても、上司や会社の人事担当はよい気分にはなりませんよね。
 

  • 「親の介護のために時間的に余裕がある会社に移りたい」
  • 「妻が出産のため仕事を辞めるので収入アップが必要だ」など

 

はっきり言うと、理解してもらいやすくなります。しかし、「家業を継ぐために辞めます。」と言いながら同じような業界に就職して、前の会社の人と顔を合わせることがあったときは、気まずい思いをするでしょうから、嘘をつくのだけはやめましょう。

 

 

仕事を辞めたいけど言えない時に試して欲しい退職理由の伝え方

まずは直属の上司にそれとなく話を持っていく

仕事の時間にいきなり「会社を辞めたいので」と言っても、上司は戸惑ってしまいます

なるべく他の人がいないときに、「実はご相談したいことがあります。近いうちに少しお時間を取っていただけませんでしょうか。」などと伝えます。

 

退職の2ヶ月前には伝える

退職の意思を上司に伝えるときは、退職の2ヶ月前には伝えるようにしましょう。2ヶ月という時間があれば、業務の引き継ぎや退職の手続きなどを、余裕を持って終わらせることができるからです。


そのため、退職や転職を決意したのであれば、何事も早めに行動しましょう。また、自分が退職するまでの大まかなスケジュールを立てるとうまくいきます。そうすることで、スムーズに会社を辞めることができるのです。

 

繁忙期は避ける

退職する時期もとても重要です。基本的には年度末や年末年始などの繁忙期は避けるようにしましょう。

というのも、今まで携わってきた業務の引き継ぎ作業と繁忙期が重ならないようにする必要があるからです。
 

例えば、繁忙期の忙しい時期に引き継ぎの挨拶を頼まれても、上司も対応できないですよね。

引き継ぎが終わっていないために退職日が遅れるようなことがないように、繁忙期の退職は避けるようにしましょう。

 

 

まとめ

仕事を辞めたい人の理由をランキング形式で紹介してきました。他の人が、どのような理由で退職を決意したのかが理解できたのではないでしょうか。


さらに、退職理由の上手な伝え方についても話をしてきました。退職理由の伝え方は、円満に退職するためには非常に重要なポイントです。

 

わたしはこんな理由で仕事を辞めて良いのか?」そう思われた方もいるかもしれませんが、仕事を辞めたい理由は人それぞれ異なり、誰かと比べたりする必要はありません。

 

あなたが辞めたいと思ったときが辞め時です。自分自身が納得できるのであれば、辞めてしまいましょう。ただし、転職先を決めてから辞めるのか、今すぐに辞めるのかどうか、しっかり考えてから決断するようにしましょう。


 

 

 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off
この記事の監修者
キャリズム編集部
転職・人材業界に深く関わるディレクターが『今の職場に不満があり、転職を考え始めた方』や『転職活動の進め方がわからない方』をターゲットに、最高の転職を実現できる情報提供を目指している。
編集部

本記事はキャリズムを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※キャリズムに掲載される記事は転職エージェントが執筆したものではありません。
株式会社アシロでは、執筆いただけるライターを募集しております。応募はこちらから

仕事を辞めたい方に関する新着コラム

仕事を辞めたい方に関する人気のコラム


仕事を辞めたい方コラム一覧へ戻る