あなたにぴったりな転職エージェントが見つかる
エージェント検索 人気ランキング 転職コラム
 > 
 > 
 > 
ベンチャー企業への転職失敗を防ぐために大切なポイントは?挽回は可能?
キーワードからコラムを探す
提携サイト一覧
Office info 106 Office info 116 Office info 176 Office info 186 Office info 165
Ranking agent btn

ベンチャー企業への転職失敗を防ぐために大切なポイントは?挽回は可能?

キャリズム編集部
監修記事
New pixta 28112458 s

この記事では、ベンチャー企業への転職に失敗する理由や、失敗しないために大切なことについて説明していきます。もし仮に転職して失敗したと感じても、規模や自由度の高さにもよりますが、自分次第で環境を変えられる可能性があることも、ベンチャー企業の特徴です。

これからベンチャー企業への転職を検討している方や、ベンチャー企業に転職したものの失敗してしまったと感じている方は参考にしてみてください。
 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off

ベンチャー企業への転職に失敗する理由

ベンチャー企業への転職に失敗してしまう理由は、大きく次の2つに分けられるはずです。

理由1:自己分析や会社分析がきちんとできていないから

自分の強みだけではなく志向性もしっかりと整理して認識しておかないと、実際に入社してから「思っていたのと違う」と感じてしまう可能性があります

まだ立ち上げて間もないベンチャー企業の場合は、いろいろな制度や仕組みが整っていないことも多いと言われており、自分でその都度状況を判断しながら物事を進めていく必要があります。

何か1つだけに特化して仕事を行なうのではなく、複数のことを並行して進めていく能力が求められる可能性もあります。

今までの経験やスキルが評価してもらえて、以前の職場よりもいい待遇のベンチャー企業に転職できたとしても、仕事の進め方など環境がガラッと変わってしまえば、評価してもらったスキルを発揮できない可能性もあります。

「こんなことができます」といった具体的なスキルではなく、しっかりと自己分析を行なって、どんな状況でも発揮できる自分の強みを認識した上で、転職活動を進めていくことが大切でしょう

転職することによって給料が上がったり、やりたいことを任せてもらえるようになったりしても、自分がその会社で思うように活躍できないと面白くないですし、ベンチャー企業の場合は、成果を出すことを期待して採用する傾向がより強くなるはずです。

自分が仕事をしていく上での強みや、仕事を進めていく上で特に喜びを感じるポイントを自己分析でしっかりと整理するようにしましょう。

そういった自分の特徴は、自分が志望する会社で活かすことができるのかを、入社する前に確認することが、転職を失敗させないために特に重要なことになるといえます。

特にベンチャー企業の場合は歴史がある企業よりも柔軟な会社が多いはずなので、面接などの場で自分に求められていることについて確認したり、場合によっては仕事の環境などを交渉したりすることもできるかもしれません。

ちなみにこれらの自己分析や会社分析は、面接でのやり取りを含め、実際に入社する前に行なうことになります。

よって、これらができていなくて転職に失敗してしまった場合は、自分に原因があることになります。これからベンチャー企業への転職を考えている方は、自分の準備不足で失敗してしまわないように注意しましょう。

理由2:実際に入社してみたら思っていたのと違ったから

一方で、しっかり自己分析と会社分析を行ない納得した上で入社したけれど、実際に入社して仕事をしてみたら自分が思っていたのと全然違ったということもあるかもしれません。

採用担当者とどのようなコミュニケーションを取ったかによっても変わってきますが、ベンチャー企業の場合は変化のスピードが早いので、こういったこともある程度想定して転職活動をした方が自分のためになりそうです。

それでもベンチャー企業へ転職する価値があると思える人の方が、ベンチャー企業に向いているかもしれません。
 

ベンチャー企業への転職で失敗しないためのポイント

先ほど上で自己分析と会社分析をしっかりと行なえば、ベンチャー企業への転職に失敗してしまうリスクを低くできると説明しましたが、2つの中でも特に大切なのは『自己分析』です。

なぜかというと、自己分析がしっかりできていなければ、実際はそこまで悪くない転職であってもその判断をできない可能性があるからです。

ポイント1:「ゆずれないこだわり」と照らし合わせて判断する

自分の理想を全て満たしてくれる会社はありません。希望する複数の条件に優先順位をつけて、できるだけ多くその希望が満たされるのが理想的ですよね。

『給料UP』や『自分が早く成長できること』など、人によって重視したい項目は変わってくるかと思いますが、複数ある項目の中でも、自分が転職活動を進めていく際の軸となった「ゆずれないこだわり」が最低限満たされていれば、自分の転職活動が失敗したと捉えなくていいかもしれません。

自分が大切にしたい軸が明確になっていれば、そこで働く時間は無駄にならないはずです。

ポイント2:自分から働きかけたり提案を行なったりする

仮にもしそれでも不満がある場合は、自分から働きかけて提案などを行なえば不満に感じる部分を変えられるかもしれません。先ほど上でも説明したように、ベンチャー企業は変化のスピードが早く柔軟性があることが特徴なので、自分次第で不満を解消できる可能性があります

ベンチャー企業は安定よりも成長を重視する会社が多いはずなので、会社の成長のために必要なことだと判断されれば自分の提案が通り、より仕事にやりがいを感じられるようになるかもしれません。

もしも環境を変えるのが難しい場合は、自分が変わることを検討してみましょう。自分が変わることによって相手や環境も変わり、それによって不満を解消できるかもしれません。
 

転職に失敗したときは次の転職も視野に入れよう

体を壊してしまう前に早めに次のことを考えよう

環境を変えるために会社にとって必要だと思う提案もしたし、自分を変えることもしてみた。

しかしそれでも不満は消えず、その会社で今後も働いていくビジョンが持てないという場合は、次の会社へ転職する準備をしてもよいかもしれません

あまりにも期間が短い場合は転職するのをためらってしまうかもしれませんが、無理をしたり我慢したりすると体を壊してしまい、転職活動ができなくなってしまいます。何をするにも健康が第一なので、限界を感じる前に早めに行動を起こすようにしましょう。

なぜ転職に失敗したのか建設的に考えよう

実際に再び転職活動を始めることに決めたら、同じ失敗をしてしまわないように、なぜ今回転職に失敗したのかしっかりと整理することから始めましょう。ちょっと頑張るのが厳しいかも…と感じたら無理をしないほうがいいのは、こういった整理を行なうためでもあります。

転職に失敗するというのはどちらかというマイナスのことで、向き合うにも体力が必要になるため、ある程度余裕のある段階で整理をしたほうが客観的に自分をみられるはずです。

自分の自己分析や会社分析が甘くて失敗した場合は、さらに甘かった部分を掘り下げて整理していけばよいですし、環境を変えるために実際に自分でも行動をしたけれど、最終的に会社との相性の問題で転職する場合はそのまま自信を持って次の転職活動を進めていきましょう。

失敗した原因を特定して自分を責めるのではなく、どのようにすれば次の転職活動は成功するのか、という視点をもって振り返ってみることが大切です。
 

まとめ

ベンチャー企業への転職を失敗させないためには、まずはしっかりと自己分析を行なうことが大切といえます。自分のゆずれない軸をしっかりと明確にすることを特に意識し、最低限それが満たされる転職になれば、失敗とは捉えずに成長の場と考えて努力するのも1つの判断として間違っていないかもしれません。

【関連記事】
ベンチャー企業への転職が失敗する6つ理由と対策
ベンチャー企業に転職する7つのリスクと5つのリターン
ベンチャー企業への転職を成功させる4つの知識

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off
この記事の監修者
キャリズム編集部
転職・人材業界に深く関わるディレクターが『今の職場に不満があり、転職を考え始めた方』や『転職活動の進め方がわからない方』へ、最高の転職を実現できる情報提供を目指している。
編集部

本記事はキャリズムを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※キャリズムに掲載される記事は転職エージェントが執筆したものではありません。
株式会社アシロでは、執筆いただけるライターを募集しております。応募はこちらから

ベンチャー企業への転職に関する新着コラム

ベンチャー企業への転職に関する人気のコラム


ベンチャー企業への転職コラム一覧へ戻る