あなたにぴったりな転職エージェントが見つかる
エージェント検索 人気ランキング 転職コラム
 > 
 > 
 > 
正社員を辞めたい方へ|辞めたい理由とあなたの気持ちをラクにする6つのこと
キーワードからコラムを探す
提携サイト一覧
Office info 96 Office info 186 Office info 176 Office info 116 Office info 406
Ranking agent btn

正社員を辞めたい方へ|辞めたい理由とあなたの気持ちをラクにする6つのこと

キャリズム編集部
監修記事
New pixta 39829959 s
  1. 正社員で働くのが辛いから辞めたい
  2. パワハラやセクハラもひどいのが辛い
  3. 残業代も出ないし、働きたくない
  4. 給料も新卒と比べてどうしてこんなに低いんだろう…
  5. 今すぐ辞めて夫(妻)に養ってもらいたい
  6. 何でもいいからとにかく辞めたい! など

さまざまな理由で今の仕事にストレスを抱えていることでしょう。仕事や会社を辞めたいと思うのは誰でも一度は考える自然なことです。でも賢いあなたは、辞めても結局生きていくには働かないといけないことはわかっているはずです。

 

人によってはせっかく正社員になったのだから辞めるのは勿体無いと思う方もいるようですが、苦しいならすっぱり辞めようという意見もありました。

 

私は「何が何でも正社員にしがみつくべき」という考え方も、それを正論だと思って他人にアドバイスする人も苦手です。

かといって、「正社員がダメなら、どうせアルバイトやパートしかないよね」という考え方も、理解しがたいです。

ありもしない未来を勝手に決めつけて自分を縛っているという意味では「正社員にしがみつく」という人も「正社員じゃないならバイトしかない」と言う人も同類だと思います。

「今の仕事を辞めたら絶対に同じ給料じゃ働けない」という考えも同じで、正社員で悩んでいる人のほぼ全員がそう語るのを聞くと、なんかゾッとします。

多分、これ言ってる人のほとんどは、自分が考えたことじゃなくて、誰かがそういったことを真似しているだけ、周囲で会社員辞めた人がそう言ってたから自分もそうだと思い込んでいるだけだと思います。

引用元:発言小町

 

もしあなたの仕事で生活を支えているなら、今よりも環境の良い職場へ転職することで、今抱えている問題はすぐに解決できる可能性もあります。

 

 

 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off

正社員を辞めたいと感じる5大理由

『エンジャパン』が2018年2月26日〜2018年3月27日にかけて実施した、退職理由のアンケートによると、『体調を壊した』『結婚・家庭の事情』に加え、『給与の不満』『仕事のやりがい』などを挙げていました。

 

引用元:退職理由について|エン転職

 

そのなかでも正社員を辞めたいと思っている理由を5つご紹介します。

 

理由1:職場の人間関係が悪いから

職場で孤立していたり、上司とのソリが合わなかったりすることがきっかけで、正社員を辞めたいと思う人は多いものです。

 

  • 無理難題の要求
  • パワハラやセクハラ
  • 過少評価されている
  • お局によるモラハラ など

 

40才を目前に正社員を辞めたい

私は来月40才になり、中小の建設業の下請で、誰でもできるような仕事をして8年になります。

会社は男尊女卑の傾向が非常に強く、人間的にもまるで尊敬できない上司ばかりで、入って2日目で「こりゃダメだ」と思いました。しかし、年齢その他の理由により、ここまできてしまいました。

2年くらい前からあることを勉強していて、それをモノにしたいので会社を辞めて勉強に専念したいのですが、1人暮らしで貯金もそんなにないこと、この年で正社員を辞めるのは異常なことではないかと躊躇しています。

でも今の会社の仕事はあと1日でも続けたくありません。

引用元:マイナビ転職|【63話】 40才を目前に正社員を辞めたい

 

非常勤社員からコツコツ勤めて正社員になりました。求められるものも多くなり人間関係やら色々あり辞めたいけど転職や結婚できる年齢もかなり過ぎたので辞めることも出来ずツラい毎日です。今年も年末ジャンボに希望を託します

引用元:発言小町

 

自分の努力で解決できることもあれば、自分の力ではどうしようもないこともあるので、一番精神を削られやすいのが人間関係です。

 

 

 

理由2:休みがない・少ないから

人間関係や収入面に不満がなくても、残業時間が長かったり、休みがなかったりで疲れてしまい、正社員を辞めたくなることも多いといいます。睡眠不足や過労はモチベーションに直結します。会社に相談して問題が解決すればよいのですが、そうはならない場合の方が圧倒的に多いので、辞める以外の方法で自分を守れないと感じる人は多いでしょう。

 

わたしは第二新卒で正社員で10年働いて33歳で 迷い悩みながら、覚悟決めて退職しました!

休みも少なくほんとに真っ暗闇の10年間でした。しかも辞める時 結婚予定なし。人も怖く 自分の時間も欲しくて、いまは常用型派遣で 働いてます。

引用元:発言小町

 

理由3:仕事がつまらない・楽しくないから

これもかなりの多数派で、仕事にやりがいを見いだせないことで正社員を辞めてしまいたいという人もいます。1日のほとんどを会社で仕事をして過ごすわけですから、できれば仕事はラクで楽しい方が良いに決まっています。

 

特に男性は仕事に楽しさややりがいを求めますので、毎日が苦痛の連続で充実感を感じることができないなら、楽しくない仕事で人生を浪費することにストレスを感じてしまいます。

 

 

 

理由4:他にやりたいことがあるから

転職して憧れの業界に行きたい、夢があるからそのために勉強したい、というように、比較的ポジティブ理由で正社員を辞めたいと感じることも。ただし、「仕事を辞めてまでやりたいのだろうか」と考えて思いとどまる人も多いようです。

 

理由5:責任が重すぎるから

特に住宅販売や金融業などに就いている人は、規模の大きな商品を取り扱うことも多く、その責任の重さに耐えられなくなることがあります。責任があればあるほど燃える人がいれば、その逆の人もいるということです。

 

25歳、一人暮らしの独身女です。

正社員が少なく、非正規の多い職場で働いています。

非正規の方は家暮らしか、夫に養ってもらってる人が多いです。

残業もなく、責任も少ない働き方で生活できているのがうらやましいです。

こんなことなら、就活をがんばらず、実家で暮らせばよかった。

それか、さっさと結婚して仕事を辞めようか。

引用元:発言小町

 

 

正社員を辞めたい気持ちが大きくなる原因とその相談先

正社員を辞めたい理由はさまざまですが、「辞めたい」という気持ちは時間が経つにつれて大きくなる場合が多いものです。その原因として2つのことが考えられます。

 

誰にも言えずにストレスになる

不満やストレスは、自分の中にため込む時間が長いと次第に大きくなっていくという特徴があります。大嫌いだと思っていた人でも、一度大ゲンカをしてしまったら意外と仲良くなれた、なんていう経験はありませんか?

 

それは、不満やストレスは相手にぶつけてしまえばそのほとんどが発散されるようになっているからです。上司や同僚に不満をぶつけるのは難しいことかもしれませんが、「どうせ辞めるのなら」「心を病んで倒れてしまうくらいなら」という気持ちで不満をぶつけてみるのもよいかもしれません。

 

家族や友人

もちろん、不満をぶつけるといってもヒステリックになれというわけではなく、「私はこう思っています」ということを冷静に、でも包み隠さずに伝えることが大切です。

 

上司や同僚に不満をぶつけるという選択肢を取れないのなら、家族や友人に相談するのもひとつの手段です。その時には、「もう少し頑張ってみたら?」というような答えが返ってくる相手とは話さないようにして、黙って自分の話に耳を傾けてくれる人を探しましょう。

 

『心の相談室』などの機関

周りにそういう人がいなければ、『こころの相談室』のように電話で相談できる機関に問い合わせてみるのもよいです。自分の中に不満やストレスをとどめておかないために、とにかく誰かに話すことが大切です。
 

 

 

 

辞めるべきではないと考えている

人間には、「やっちゃダメ」と思ったことをやりたくなってしまう生き物です。これは「自由でありたい」という欲求を阻害されることを嫌う、『心理的リアクタンス』という心理現象が関係しています。

 

「勉強しなさい」と言われた途端にまったくやる気がなくなった、という経験は誰にでもあるのではないでしょうか?それと同じで、「辞めちゃダメ」「仕事しなきゃ」と思えば思うほど、仕事を辞めたくなります。

 

仕事はいつでも辞めて良い

そんな時には、「仕事しなくても大丈夫」「いつでも辞めていいんだ」と無理にでも考える必要があります。「やらなきゃいけない」という義務感から行動すると、そもそもパフォーマンスも低下しますから、輪をかけて仕事に対するモチベーションが下がっていきます。
 

がむしゃらに頑張るのではなく、常に自由であるための思考を習慣づけてみると、効果が得られることもあります。
 

 

正社員は今すぐ辞めるべき?辞めた場合のリスクとは

仕事が楽しくない、他にやりたいことがある、という理由で正社員を辞めたいと思っている人は、正社員を辞めるデメリットについて考えてみることで冷静になれる可能性もあります。

 

一時的に収入が下がる・なくなる

当たり前のはなしですが、正社員として働くのが一番収入的にも雇用的にも安定します。もしいますぐ正社員を辞めてしまった場合、転職活動をしていないなら収入も当然ゼロです。

 

また、派遣社員やアルバイトをするのなら正社員よりも給料が下がることは間違いありません。

 

大体の会社には賞与が年2回ありますが、それがなくなると考えると、月給24万円もらっていた方であれば約50万円〜60万円分が減ってしまうことになるので、それは覚悟しなければいけません。
 

もう一度正社員に戻るときに大変

また正社員として働きたくなったときには、改めて就職活動をしなければなりません。正社員として働いている人なら、就職活動の大変さもよく知っているのではないでしょうか。

 

一度正社員を辞めたら、就職活動の大変さをもう一度味わうことになるのは大きなデメリットだと言えるでしょう。

 

スキルがないと転職活動も大変

言い方は悪いですが、誰でもできるような仕事をずっと正社員でやってきた方の場合、転職活動をしてもわざわざ採用してくれる企業は少ないのが現実です。

 

ただ、『少ない』というのがミソです。つまり全くないわけではなく、未経験者歓迎としている業界・業種も多くありますので、そういった企業をうまく見つけることで、今の会社の正社員を辞めて、もっと待遇の良い、ワークライフバランスを維持した職場へ転職することも可能です。

 

やりたいことがあれば転職の面接時に話せることも多い

やりたいことがないと、面接時に『なぜやりたいのか』『どうして弊社なのか?』という質問には非常に答えづらいでしょう。やりたいことが明確になっていれば、仕事を選ぶ際にも迷うことはないでしょうし、むやみに仕事を変える必要もなくなります。

 

  • 正社員をやめるべきか?
  • 正社員として続けるべきか?

 

しっかり判断することができるようになるでしょう。

 

次の仕事が見つからない可能性

潔く正社員を辞めるのはある意味かっこいい行為です。起業・独立・フリーランス。最近の流行りですね。しかし、誰もそうなれるわけではありません。転職の時期やあなたの年齢を考慮した場合、『35歳限界説』というように、次の仕事が決まらない、転職できない可能性もあります。

 

ほとんどの方が先行きの見えない未来に不安を感じて、辞めることをためらいますが、人間そう簡単に死んだりませんし、何とかなることも多いです。ちゃんと手続きを踏んでやめれば、有給休暇があったり失業保険の申請もでき、働いていない期間の保証が充実しています。

 

退職前に貯金額を確認しよう!

転職活動は平均3ヶ月と言われていますので、その3ヶ月を乗り切るためにも30万円〜50万円以上の貯金はあった方が良いかと思います。もし貯金がなかったとしても、アルバイトなどができる状況であれば、問題ないでしょう。

 

ちなみに、失業保険でいくらもらえるのかですが、『1日当たり、離職日直前6カ月で1日に支給されていた給与の45~80%』と言われています。

 

(平成30年8月1日現在)

30歳未満

6,750円

30歳以上45歳未満

7,495円

45歳以上60歳未満

8,250円

60歳以上65歳未満

7,083円

参考:ハローワーク|基本手当について

 

 

正社員を辞めたいけど『辞めたい』と言えない場合

辞めてはいけない仕事はないのです。

 

たとえあなたが辞めると会社が回らなくなってしまうとしても、あなたの人生はあなたのものです。会社のため、社員のために人生をささげる必要はありません。

 

だからこそ、あなたは辞めたい会社は辞めて、自分のやりたいことをやるべきですが、そうはいっても「こんな理由で辞めたいなんて許されるのかな?」と気になる人もいるでしょうから、『「仕事辞めたい」けど言えない。辞めても良い状況と上手な伝え方』を参考に、スムーズに退職を伝える方法を確認しておきましょう。

 

 

 

正社員を辞めてすぐに転職活動をするなら転職エージェントがおすすめ

転職エージェントを利用する一般的な7つのメリット

  1. 求職者は転職エージェントを無料で利用出来る
  2. 非公開の求人に応募が可能
  3. 非公開求人数が約80%
  4. 採用までのスケジュール調整を転職エージェントがやってくれる
  5. 面接日程や給料面・入社時期などの調整も可能
  6. 企業の社内雰囲気・裏情報を知れる
  7. 履歴書や職務経歴書の使い回しが可能
  8. 転職について相談できる人ができる
  9. できるだけ早く転職したいなら大きなメリットになる

 

 

 

正社員を辞めたい人におすすめの転職エージェント

リクルートエージェント

最初に紹介するのが業界最大手のリクルートが運営する転職エージェントである『リクルートエージェント』です。他の転職エージェントと比べて求人の数が圧倒的に多いのが特徴です。

 

doda

次に紹介するのが、パーソルキャリアが運営する『doda』です。デューダも人材サービス業界の大手であり、豊富な求人情報を扱っている転職エージェント。転職に役立つコンテンツも充実していますので、有効に活用したいところです。

 

パソナキャリア

そして、最後に紹介するのが、株式会社パソナが運営する転職エージェント『パソナキャリア』です。利用登録することで専任のキャリアアドバイザーのカウンセリングを無料で受けることができます。今の仕事を辞めたいと考えているのであれば、積極的に活用したい転職エージェントです。

 

 

これから正社員を辞める方へ|辞めるまでに少しでもストレスを減らす考え方

今の職場でストレスがなくなればそれが一番ですよね。ここからはストレスをなくすための考え方、セルフコントロール術をご紹介します。
 

正社員以外の選択肢を持つ

先に述べたように、「正社員でいなきゃ」と思うと正社員でいたくなくなります。だからこそ、常に心を自由な状態にしておくことがストレスを軽減するために効果的な方法です。
 
「仕事を続けてもいいし、辞めてもいい、転職もありだな」というように、常に選択肢をいくつも持っておきましょう。「仕事を辞めちゃダメ」のスパイラルにはまると、次第に仕事を続ける選択肢しか持てなくなります。

 

アルバイト・派遣社員

でも、実際には仕事を辞めてアルバイトをしたって生きていけますし、実家に頼れるならニートになってもよいでしょう。極論を言えばホームレスになったって生きていけている人はたくさんいます。もちろん、「仕事を辞めてホームレスになれ」と言っているわけではありません。
 
「○○はダメ」「△△という選択は能力のない人がすることだから私はしない」などというように、何かを否定する行為がストレスを生んでいることに気づくべきだということです。
 

自分の人生にとって大切なことは、人から忍耐や根性、社会人としての能力を褒めてもらうことではなく、いつか自分が人生を終えるときに、「いい人生だった」「楽しかった!」と自分で思えることではないでしょうか?

 

仕事から逃げるのは甘え?

そのためには、今仕事を辞める選択肢がダメだとか、逃げるのはカッコ悪いと考えるのはナンセンスです。また、心を自由にするテクニックとして、収入を分散する、つまりは副業をすることもおすすめです。もし副業が禁止されている会社であれば、お金になる資格を取得するために勉強するのもよいでしょう。

 

資格の取得

「こっちでも収入があるから正社員を辞めても大丈夫」「資格があるからいつでも再就職できるし、正社員を辞めても大丈夫」という考えは心を自由にし、ストレスをなくしてくれます。

 

不思議なもので、選択肢が複数あり心が自由になると、今の仕事に対するモチベーションも上がりやすくなるので、職場でのストレスに悩んでいる人には、ぜひ選択肢を複数持つことをおすすめします。

 

人間関係に悩んでいる場合

職場での人間関係に悩んでいるのなら、「自分を変えられるのは自分だけ」という考え方をしてみましょう。どんなに影響力のある人が働きかけても、他人の考えを変えたり思い通りに操ったりすることはできません。

 

それは本当に不可能なことなのです。自分が考える理想に近づいてもらうために、誰かに働きかけることはできますが、その人が変わるか変わらないかは結局その人次第です。

 

上司に多くを求めすぎない

例えば、「やる気のない後輩に仕事の楽しさを知ってほしいから営業に連れて行く」という働きかけはできても、実際にその後輩がやる気を出すかどうかは本人次第ということ。他人に影響を与えて変化してもらおうと思っても、結果を求めてはいけません。

 

「自分にできるのはその人の近くで輝き続けることだけだよ」と、とある映画で主人公が語っていましたが、まさにその通りです。自分を変えられるのは自分しかいないので、自分にはどうすることもできない他人のことで悩むことはやめましょう。
 

やる気を作るテクニック

ここまではストレスをなくすための考え方をご紹介してきましたが、ここからはやる気を作るためのテクニックをご紹介していきます。「やる気を出したい」「モチベーションを保ちたい」と思ったら、やる気を作り出す源が何なのかを知る必要があります。

 

達成感

やる気を作り出す源とは、ズバリ『達成感』です。やる気を失いやすい人は、難しすぎる課題ばかりを自分に課し、それが達成できないことで落ち込み、自分を責め、結果的にモチベーションが低下していきます。

 

また、簡単すぎる課題ばかりを自分に課している場合も同様で、課題を達成したとしても達成感を得られないのでモチベーションは低下していきます。どちらにも言えることは、目標設定の仕方がうまくないということです。

 

高すぎる目標は定めない

目標が高すぎる人の例としては、「営業成績でトップになりたい」「仕事ができるやつだと思われたい」というようなものが挙げられます。営業担当が5人いるとして、営業成績のトップになるためにはまず4位になることを目標にしなければなりません。

 

4位、3位といった順位を達成できていない人がいきなりトップを狙おうとすると、モチベーションの維持が困難になり、結果的にトップを狙うことはできなくなります。「今月は5位じゃなくて4位だ! 次は3位だな」というように小さな目標をたくさん作ることを心がけましょう。

 

低すぎる目標は逆効果

逆に目標が低すぎる人の場合、自分が達成できるぎりぎりの目標を設定する必要があります。例えば、事務職をしていて「こんな簡単な作業誰にでもできる」と思っているのなら、「この量ならいつも3時間かかるから、今日は2時間半で終わらせる」というように自分のベストを超える目標を設定しましょう。

 

仕事がこなせているからといって向上心を失うと、同時にモチベーションも失います。
 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

心を軽くするために難しい考えは必要ありません。ちょっとしたコツを知っているかどうかが重要なのです。正社員でいることにストレスを感じ、辞めてしまいたいと思っている方は、ぜひ今回の記事でご紹介した方法を試してみてくださいね。

 

 

 

 

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off
この記事の監修者
キャリズム編集部
転職・人材業界に深く関わるディレクターが『今の職場に不満があり、転職を考え始めた方』や『転職活動の進め方がわからない方』へ、最高の転職を実現できる情報提供を目指している。
編集部

本記事はキャリズムを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※キャリズムに掲載される記事は転職エージェントが執筆したものではありません。
株式会社アシロでは、執筆いただけるライターを募集しております。応募はこちらから

仕事を辞めたい方に関する新着コラム

仕事を辞めたい方に関する人気のコラム


仕事を辞めたい方コラム一覧へ戻る