トップ > 転職ガイド一覧 > 事務職の転職 > 一般事務への転職はなぜ難しいのか?転職する方法について解説

一般事務への転職はなぜ難しいのか?転職する方法について解説

業界別の転職活動
事務職の転職

一般事務への転職は近年難易度を増しています。

この背景としては、一般事務は人気度が高い一方で求人ニーズが低下していることが挙げられます。

この記事では、一般事務の業務内容に加えて、一般事務への転職が難しい理由・転職するための具体的な方法について解説します。

Pc tool head 2
Q1. あなたの性別は?
Q2. あなたの年齢は?
Q3. 直近の年収を
お聞かせください。
Pc tool btn off
あなたに最も適した仕事・企業を調べてみませんか?

「今の会社に不満がある」「自分のやりたい事と仕事が合っていない」「自分に合っている職場や仕事を見つけられるか不安」など、ストレス社会の今の日本。


仕事を一生懸命頑張っているからこそ、「どうして評価されない」「もっとやりがいのある仕事をしたい」『自分に合っている職場や仕事を見つけたい』という悩みを抱えている方は非常に多く、あなたもきっとその一人だと思います。そんなあなたに、転職支援サイト「キャリズム」がおすすめするのが「適職診断」です。

自分に適した仕事はなんのか、転職活動をする8割以上の方が転職エージェントのアドバイザー経由であったり、何らかのツールを利用する形で「適職診断」を活用しています。キャリズムがおすすめしている「適職診断」は、あなたの思考性からピッタリの仕事・企業を判断、これまでの転職支援実績と膨大なデータから、限りなく精度の高い診断結果が期待できます。 

 

下記では、あなたにおすすめの「適職診断ツール」を3つご用意いたしました。あなたの経験やスキルを求めている企業がきっと見つかりますので、まずは気軽に受けてみることをお勧めします。もちろん利用は無料です。

 

この記事に記載の情報は2021年03月30日時点のものです

一般事務の業務内容

一般事務の業務内容には、多くの仕事があります。

以下は、主な業務を箇条書きにしたものです。

  • 書類の作成
  • データの入力
  • 書類・伝票の整理
  • 備品の管理・発注
  • 電話・メールの対応
  • 郵便物の発送・仕分け

このように、一般事務の業務は多岐に渡ります。

しかしながら、どれも特別なスキルが必要のない簡単な作業が多いのが特徴です。

一般事務への転職が難しい理由

一般事務は、土日祝日が固定休で、時間通りに仕事が終わることが多いため人気の高い職種です。

また、近年では電子化などが進んでいることから一般事務の作業量が少なくなり、人件費の関係で求人ニーズが低下しています。

企業が直接一般事務を雇うのではなく、アウトソーシングするケースなども少なくありません。

このように、一般事務職は人気かつ競争率が高いために、未経験の場合採用されにくくなっていると言えます。

一般事務への転職に役立つ資格・スキル

一般事務には、以下の代表的な3つの資格とパソコンスキルが役に立ちます。

【関連記事】目的別|女性の転職が有利になる資格まとめ

一般事務への転職に役立つ資格①MOS

MOS(マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト)は、OfficeのWordやExcel、Power Pointといったソフトのスキルを認定する資格です。

一般事務職では必ず使われるソフトであるため、MOSの資格を持っていることは転職時に有利に働くでしょう。

一般事務への転職に役立つ資格②簿記検定

転職先の企業に経理担当者がいない場合は、一般事務がその業務を担うこともあります。

そんな時に有利なのが、簿記検定です。

簿記の資格を持っていることで、「経理関連の業務もこなせる人材である」とアピールできます。

これは、応募先の企業によっては他の応募者と大きく差をつけられるポイントですので、ぜひとも押さえておきたい資格と言えるでしょう。

ちなみに簿記検定は、一般的に2級以上を取得しているのが望ましいとされているようです。

一般事務への転職に役立つ資格③秘書検定

冒頭でも述べたように、一般事務は、来客への応対やメール、電話対応だけにとどまらず、書類の作成や整理整頓といった業務も行います。

秘書検定は、ビジネスにおける対応のしかたやスケジュール管理など、一般的なビジネスマナーの知識を問うものです。

取得していれば、こうしたビジネスの一般常識があることを証明できるため、転職の際に有利になると言えます。

転職の際は、こちらも簿記検定と同じく2級以上を取得しておくとよいでしょう。

一般事務へ転職するためには

一般事務への転職はハードルが高いとされている現状ですが、転職理由を明確にすることや、一般事務のアウトソーシング企業に入社すること、転職エージェントを活用することで、一般事務へ転職できる可能性は高くなります。

志望動機や転職理由を明確にする

一般事務は比較的仕事が楽という印象があるため、転職する際に「楽をして稼ぎたい」といったことが相手の採用担当者に少しでも伝わってしまった場合には、採用される可能性は大幅に低くなります。

しかしながら、一般事務の業務を通して転職先の企業に貢献できることや、自分自身のキャリアアップとして必要な業務であるといったポジティブな転職理由である場合は、一般事務で採用される可能性は高まるでしょう。

一般事務のアウトソーシング企業に入社する

アウトソーシングとは、業務を外部の企業に委託することを言います。

近年、一般事務の業務を外部に委託しているケースが高まっていることから、直接企業に一般事務として雇用してもらうのではなく、アウトソーシング企業に入社することも転職方法のひとつです。

一般事務への転職を検討中の方は転職エージェントの活用が有効

転職エージェントは、転職活動におけるさまざまなプロセスにおいて、専任のアドバイザーからサポートを受けられるサービスです。

転職エージェントを活用すれば、キャリアコンサルティングや一般事務に関する知識の提供をはじめ、履歴書の添削や面接の対策など、さまざまなアドバイスを受けられます。

一般事務では、転職エージェントを通したとしても、最低限履歴書や面接など他の職業と変わらない選考を行うため、転職エージェントからのアドバイスをもらうことで、客観的な意見を聞け、自信を持って面接に臨むことができます。

転職エージェントを利用するメリットは、アドバイスがもらえることだけではありません。

転職活動をする際に面倒な面接日程の調整や、企業に言いにくい給与の交渉なども代わりに請け負ってくれるのです。

転職エージェントによっては事務職に強い転職エージェントもあるため、 一般事務の求人が多く掲載されている転職エージェントを利用することで、一般事務への転職の可能性は高まるでしょう。

【関連記事】転職エージェントを利用するメリットとデメリットの全知識

まとめ

一般事務に転職する上で、一般事務の業務内容は必ず覚えましょう。

一般事務の業務は多岐に渡りますが、比較的簡単な仕事が多く、時間通りに仕事が終わります。

それゆえに人気があることや、近年の電子化の影響で、一般事務の求人は競争率が激しくなっています

このような競争の中で一般事務に採用されるためには、有利な資格を取得したり、転職エージェントを活用したりして転職活動をすることにより、一般事務への転職を有利に進めることができるでしょう。

一般事務への転職を目指している方は、ぜひこの記事や関連記事の内容を、転職活動に役立ててくださいね。

「転職先での労働トラブル。いざという時に備えた弁護士費用保険」
転職前は良い会社だと思って入社したのに、実はコンプライアンスに難があり、労働トラブルに発展したケースがあります。厚生労働省の調べによれば、パワハラやセクハラ、契約違反による労働相談は年間で約110万件以上もあるのが現実。

(出所:厚生労働省 平成29年度個別労働紛争解決制度の施工状況)

  • 転職先でパワハラ / セクハラを受けてしまった
  • 残業代が支払われない
  • 正当な理由なく解雇を言い渡された など

もし自分がこのような被害に遭ってしまった場合、【パワハラやセクハラなら慰謝料の請求】【残業代が未払いなら未払い額の回収】、【不当解雇なら解雇無効か損害賠償金の請求】が可能できますが、弁護士に依頼すると着手金や報酬金で約50~80万円もの費用がかかります。

弁護士費用がネックとなり、依頼出来ず泣き寝入りしてしまう。そんな方々を守るために生まれたのが弁護士費用保険メルシーです。

弁護士費用保険メルシー 弁護士費用保険メルシーに加入すると月額2,500円の保険料で、この先ご自身が労働トラブルに遭遇してしまった際の弁護士費用補償が受けられます。なお労働問題に限らず、自転車事故や相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認下さい。)

ご自身の問題はもちろん、大切な家族もトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・070

同じカテゴリの転職コラム
  • 新着コラム
  • 人気コラム
  • おすすめコラム